【Git】difftool を複数設定する方法

スポンサードリンク

経緯

WinMerge はフォルダを指定して一度に再帰的に比較ができ、便利ですの♪

けれども、再帰的な比較はできないながら、インデントのみの変更は差分としない Visual Studio Code の diff をしばらくメインに使用したいですの。

git difftool でどちらも使用できましたら嬉しいですわ!

今回、これを実現できましたので、ノートいたします!

なお、環境は次となります。

  • Visual Studio Code: 1.9.1
  • WinMerge: 2.14.0.121+jp-121

“【Git】difftool を複数設定する方法”の続きを読む

【Windows】【Visual Studio Code】PHP ファイルを開くと表示される ‘php.validate.executablePath’ エラーに対処する

ポイント

  • php.exe を指定してやれば解決できる。
  • エラー回避が目的で、Windows で PHP を実行することが目的ではない。
    そのため、PHP の種類、バージョンや、環境変数を厳密に設定しない。
  • PHP は Non Thred Safe 版をダウンロードした。
    これは、IIS (Internet Infomation Services) で PHP を使用する場合に利用するとのこと。
  • PHP バージョンを出来るだけ開発環境に合わせようと思ったが、開発環境のバージョンが低すぎてダウンロードできなかったため、この時点で最も低いバージョンである 5.5 をダウンロードした。
  • PHP のパス、つまり環境変数 PATH の設定はしていない。

“【Windows】【Visual Studio Code】PHP ファイルを開くと表示される ‘php.validate.executablePath’ エラーに対処する”の続きを読む


スポンサードリンク

Vagrantfile を色付けする方法メモ

Visual Studio Code を使用して、Vagrant 環境を作っております。

Vagrantfile がプレーンテキストとして認識されており、文字が真っ白ですの。

シンタックスハイライトを効かせられないかしら?

Vagant は Ruby で動いており、Vagrantfile も Ruby で書かれておりますの。

ですから Vagrantfile は Ruby であると Visual Studio Code に認識させてあげればよさそうですわね♪

今回、その方法をノートいたします。

ポイント

“Vagrantfile を色付けする方法メモ”の続きを読む