AngularJS を使って PHP へ JSON データを POST する方法

スポンサードリンク

追記。「ログインページを介さず Basic 認証」シリーズの投稿一覧です♪

  1. 【Nginx】Basic 認証をかける方法手順メモ | oki2a24
  2. cURL を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST する手順メモ | oki2a24
  3. AngularJS を使って PHP へ JSON データを POST する方法 | oki2a24
  4. AngularJS を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST できません>< | oki2a24
  5. AngularJS を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST するサンプルコード! | oki2a24

追記終わり!

AngularJS を使用してウェブブラウザのページでボタンを押すと、サーバへ JSON データを POST して PHP で受け取ってファイルに出力したい。

AngularJS を使用してウェブブラウザのページでボタンを押すと、サーバへ JSON データを POST して PHP で受け取ってファイルに出力してみようと試みました!

苦労しましたので、記録を残しますわ♪

ポイント

  • AngularJS で サーバに JSON をポストしたところエラーとなった。
    • フロント側では、Access-Control-Allow-Origin のエラーが発生していた。
    • サーバ側では method が POST ではなく、OPTIONS となっていた。
  • クロスドメイン問題が原因だった。
    • ちなみに、異なるドメインのデータにアクセスすることを、クロスドメインという。
  • フロント側、サーバ側の両方で対応する必要がある。
    • フロント側では、config で $httpProvider の Content-Type で x-www-form-urlencoded を設定する。
    • サーバ側では、header(‘Access-Control-Allow-Origin: *’); を設定してやる。

エラーが発生した AngularJS のコード抜粋

“AngularJS を使って PHP へ JSON データを POST する方法” の続きを読む

cURL を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST する手順メモ

追記。「ログインページを介さず Basic 認証」シリーズの投稿一覧です♪

  1. 【Nginx】Basic 認証をかける方法手順メモ | oki2a24
  2. cURL を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST する手順メモ | oki2a24
  3. AngularJS を使って PHP へ JSON データを POST する方法 | oki2a24
  4. AngularJS を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST できません>< | oki2a24
  5. AngularJS を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST するサンプルコード! | oki2a24

追記終わり!

ウェブサーバに Basic 認証をかけ、JSON の POST を受け取る PHP プログラムの準備

次のページを参考に準備いたしました。Nginx の設定内容や、JSON を扱う PHP の内容はすべてコピーで作ることができました。

次のようなテスト環境といたしましたの。

  • http://oki2a24.com/basictest/json.php へ JSON を POST
  • Basic 認証のユーザ名: basicuser、パスワード: basicpass
  • 正常時のレスポンス: {“response”:”OK”}

1.Basic 認証で失敗することを確認

“cURL を使って Basic 認証が必要な PHP へ JSON データを POST する手順メモ” の続きを読む


スポンサードリンク

JSON の Request が POST されているかを確認するだけの簡単な PHP

JSON が開発中プログラムから正しく送信されているかどうか確かめたいですの!

条件や作りたいもの

  • http://oki2a24.com に JSON 受け取り用の PHP を作って置く
  • PHP ファイル名は recieveJson.php
  • 受け取った JSON は見やすい形に整形(デコード)してファイルに書き込む。
  • JSON の内容を書き込むファイル名は recieved_json.txt とする。

JSON を受け取ってファイル出力するだけの簡単な PHP プログラム

“JSON の Request が POST されているかを確認するだけの簡単な PHP” の続きを読む

【WordPress】ヘッダー画像を簡単に何十個でも登録する方法♪【PHP】【テーマのカスタマイズ!】

【WordPress】Twenty Fifteen の子テーマを作った記録! | oki2a24 で functions.php に次を追加しました。

2〜3個ならば手作業でヘッダーファイルをプログラムの中に記述しますけれども、数十個分も繰り返したくはありません><。

そこで、

  1. ファイル名のリストを用意しておき、
  2. 繰り返し部分にファイル名をはめ込んで表示し、
  3. これらをファイル数分繰り返す

というプログラムを組んで自動的に functions.php のヘッダーファイルを指定する部分を作りました♪なお、環境は Mac でございます。

“【WordPress】ヘッダー画像を簡単に何十個でも登録する方法♪【PHP】【テーマのカスタマイズ!】” の続きを読む

APCu 付属のキャッシュ状況を把握できる管理ページを使う方法♪

php 5.5 へアップデートして APC から APCu と OPcache へ切り替えました♪ | oki2a24 で PHP のキャッシュをできるようにいたしました。

2つ設定した内の1つの APCu について、【PHP】APC 付属のステータス把握できる管理ツールを使う方法♪【CentOS 5.9】 | oki2a24 も参考にしつつ管理ページの表示、それをもとにしたチューニングをしたいですの。

今回、チューニングはできませんでしたけれども、管理ページは表示できましたのでそのやり方をメモいたします。

“APCu 付属のキャッシュ状況を把握できる管理ページを使う方法♪” の続きを読む

php 5.5 へアップデートして APC から APCu と OPcache へ切り替えました♪

PHP 5.5 にそろそろアップデートしたいです!そしてアップデートしますと、キャッシュすることでパフォーマンス向上に貢献してくださった APC が使えなくなってしまうとのこと。代わりに、APCu と OPcache が使えるとのことで、インストールいたしました。

  • Zend OPcache はオペコードキャッシュ(コンパイル後のコードをメモリに保存して再利用)
  • APCu はユーザーキャッシュ(オブジェクトや変数をメモリに保存して、別のリクエストからそれを再利用)
  • APC はオペコードキャッシュ + ユーザーキャッシュ

今回はその記録をノートいたします。

作業前の状態

  • PHP 5.4.33
  • pecl/APC 3.1.15dev
  • Remi リポジトリ導入済み
  • Apache ではなく、nginx
  • PHP は php-fpm

1.PHP 5.5 をインストールできるかどうか、Remi リポジトリの設定を確認

“php 5.5 へアップデートして APC から APCu と OPcache へ切り替えました♪” の続きを読む

yum update で WordPress へのアクセスできない! /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf 除外で解決♪

ポイント

  • yum –enablerepo=epel,remi,rpmforge update で /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf が作られた。
  • このファイルで指定しいるLoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so が実行できない、つまりモジュールが読み込めないためエラーとなった。
  • /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf をリネームして設定にとして読み込まれないようにし、httpd を起動できるようにして解決した

“yum update で WordPress へのアクセスできない! /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf 除外で解決♪” の続きを読む

Cookie を削除してからセキュア属性を確認しなさいな!★慌てるな★

ポイント

  • Cookies はウェブブラウザに一定期間保存される。
  • php.ini で session.cookie_secure = 1 と設定してを再起動するとウェブサーバに反映される。
  • よって、サーバのクッキー設定をウェブブラウザから確認するためには Cookie をまず削除することが肝心

大変初歩的なことでございますの!どうして気が付かなかったのかしら><。

“Cookie を削除してからセキュア属性を確認しなさいな!★慌てるな★” の続きを読む

phpPgAdmin を yum を使ったときと同じようにインストールするためのポイント♪

ソースからインストールするときでも yum でインストールしたときと同様の構成にするためのポイント

  • ソースファイルは /usr/share/phpPgAdmin に置く。
  • Apache の設定ファイルは /etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf とする。
  • もちろん phpPgAdmin の設定ファイル /usr/share/phpPgAdmin/conf/config.inc.php も適当に修正する。

以上の2点です。

Apache 設定ファイルの内容

“phpPgAdmin を yum を使ったときと同じようにインストールするためのポイント♪” の続きを読む

【PHP】2次元配列において、2次元目の配列に共通する value を取得します♪

スクリーンショット 2013-08-21 22.03.25.png

たとえばいろんな本があって、それぞれの本にジャンルや特長などのタグがついています。共通するタグを手に入れるには、どのようにプログラムすればよいでしょうか?

本は配列のキーになっていて、タグは値です。本にタグはたくさん付けられますので、値といっても配列となっています。このようなデータを想定しましょう。

  • 本A – タグ1、タグ2、タグ3
  • 本B – タグ1、タグ3、タグ4
  • 本C – タグ2、タグ3、タグ4

この場合、タグ3が全ての本につけられています。タグ1、タグ2、タグ4は惜しいことに3冊のうち2冊にしかタグ付けされていないので、該当しません。

人間の目で見れば、この程度すぐに抽出できますわね♪では、プログラムで自動的には?。。。難しいです><。でもできましたので、ノートいたします♪

使う関数!

考え方のポイント

  • 共通するデータで基準の変数を上書き

2次元目の配列をどれか適当に選択しまして、これを基準の変数としております。これとその他の2次元目の配列を比較しまして、共通項を取得します。

そして次の2次元目の配列と比較しまして、、、と繰り返していくことで全ての2次元目の配列に共通する値を抽出することができます♪

“【PHP】2次元配列において、2次元目の配列に共通する value を取得します♪” の続きを読む