【Python3】IDLE で自分で書いたファイルを実行する方法【あまり良くない】

スポンサードリンク

ポイント

  • import file_name で Python ファイルを実行できる。
  • この時、拡張子の py は付けない。
  • ただし、この方法では一度のみしか実行できない
  • 結局、ターミナルから実行したほうが何度も確認できる。

“【Python3】IDLE で自分で書いたファイルを実行する方法【あまり良くない】” の続きを読む

【Python 3】【IDLE】EOL while scanning string literal エラーについて調べました

エラー内容

EOL while scanning string literal

意訳:

文字列リテラルを探している間に最終行(EOL)が来ちゃった。

Python 3 IDLE の反応

  • 編集している時点で、文字列リテラルで閉じていない状態で改行した時点すると、カーソルは0桁目には来ない。インデントされた状態となる。
  • エラー発生場所の背景が赤く色づき、カーソルが移動するのでわかりやすい

“【Python 3】【IDLE】EOL while scanning string literal エラーについて調べました” の続きを読む


スポンサードリンク

【Python 3】【IDLE】Python コードの書き方、実行の仕方メモ

IDLE の起動

Windows

  1. スタートメニューから IDLE を実行

Mac

  1. ターミナルで idle3 を実行

私の環境のMac では、idel (Python 2.7.10)、idle2.6 (Python 2.6.9)、idle2.7 (Python 2.7.10)、idle3 (Python 3.5.1)、idle3.5 (Python 3.5.1) が起動いたしました。

Python 3 が使用できるのは、以前 Homebrew でインストールしたからでした。

ウインドウの見た目も異なりますし、Python 3 を使っていこうと思いっておりますので、idle3 で起動いたします。

“【Python 3】【IDLE】Python コードの書き方、実行の仕方メモ” の続きを読む