VirtualBox で LAMP + PostgreSQL + APC + XDebug + PHPUnit の開発環境構築手順♪

スポンサードリンク

前提

  • CentOS 5.9 インストール済み
  • CUI で SSH 接続可能
  • CentOS に IP アドレス割り振り済み

つまり、VPS 契約した直後のような状態です。

インストールして最低限の設定をするパッケージ

  • Apache
  • PHP
    • APC
    • XDebug
    • PHPUnit
  • MySQL
  • PostgreSQL

LAMP + PostgreSQL → LAMPP!と思っていのですけれども、別の構成ですでにこのような名前がありました><。ぜんぶまとめて強引に略称にすれば、、、LAMPPPAX (らんぷぷぱっくす)でしょうか♪

それはともかく、開発環境ですので SQL サーバーとして MySQL に加え、PostgreSQL をインストールします。

はじめるまえに

わたくしは今回の手順を行う前に時刻同期やメモリ節約として次のことを行なっています。

それでは、はじめます。

1.Apache、MySQL、PHP、PostgreSQL、APC、XDebug、PHPUnit インストール

“VirtualBox で LAMP + PostgreSQL + APC + XDebug + PHPUnit の開発環境構築手順♪” の続きを読む

Apache 設定ファイル 8 つの変更ポイント

前提

Apache バージョンは 2.2.3 でございます。

[root@oki2a24 ~]# httpd -v
Server version: Apache/2.2.3
Server built:   Jan 10 2013 08:22:14

Apache 設定ファイル /etc/httpd/conf/httpd.conf の 8 つの変更点

1.Web サーバにアクセスしたクライアントに返す Apache 情報を最小限に設定

ServerTokens OS

ServerTokens Prod

2.エラー表示時の連絡先(本当はメールアドレスがふさわしいですけれども、本ブログ用のメールアドレスはありませんのでダミー情報を設定しております)

ServerAdmin root@localhost

ServerAdmin http://oki2a24.com/

3.ドメインを設定(正確には、サーバが自分自身を示すときに使うホスト名とポート)

#ServerName www.example.com:80

ServerName oki2a24.com:80

4.ドキュメントルートを設定

DocumentRoot "/var/www/html"

DocumentRoot "/var/www/html/oki2a24.com"

5.ディレクトリとサブディレクトリのみに 適用されるディレクティブを囲む部分での、ドキュメントルートのパス指定

<Directory "/var/www/html">

<Directory "/var/www/html/oki2a24.com">

6.「-Indexes」でファイル一覧ページの自動生成禁止

Options Indexes FollowSymLinks

Options -Indexes FollowSymLinks

7..htaccess のすべての機能の使用を許可

AllowOverride None

AllowOverride All

8.エラーページにアクセスしたクライアントに返す情報をオフに設定(正確には、サーバが生成するドキュメントのフッタを設定しない、という意味)

ServerSignature On

ServerSignature Off

以上、8 つの変更を本ブログの Apache には施しております。

設定ファイルの変更点を一息にまとめるとこうです♪

“Apache 設定ファイル 8 つの変更ポイント” の続きを読む


スポンサードリンク