【赤ちゃん】キシリトールガムでのむし歯の予防について

スポンサードリンク

キシリトールガムを使った、親から子に虫歯を移さない、予防の知識まとめ

キシリトールガムによる予防の仕組み

むし歯菌はキシリトールを食べるが歯垢として排泄できない。いわゆる「ふんづまり」になってむし歯菌が死んでいく。

虫歯菌を移さないために特に注意する時期

2 歳までむし歯菌に感染させなければ、その後のむし歯予防が楽になる。生後 1 歳 7 か月〜 2 歳 7 か月は特に感染しやすい時期なため、注意。

キシリトールガムの選び方

  • 歯科専用のキシリトールガムは甘味料がキシリトール 100 % で、ベスト
  • 甘味料の 50 % 以上がキシリトールであるものを選ぶこと。
  • 含有量の情報がない場合は、「糖類 0 g」であることと、炭水化物とキシリトールの分量が限りなくイコールなものを選ぶ。

むし歯予防に効果的なキシリトールガムの食べ方

“【赤ちゃん】キシリトールガムでのむし歯の予防について” の続きを読む