【Mac】Android Studio と JDK 7 をアンインストールし、SDKMAN! をインストールした記録

スポンサードリンク

Android Studio をアンインストール

$ rm -Rf /Applications/Android\ Studio.app
$ rm -Rf ~/Library/Preferences/AndroidStudio*
$ rm ~/Library/Preferences/com.google.android.studio.plist
rm: /Users/oki2a24/Library/Preferences/com.google.android.studio.plist: No such file or directory
$ rm -Rf ~/Library/Application\ Support/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/Library/Logs/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/Library/Caches/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/.gradle
$ rm -Rf ~/.android
$ rm -Rf ~/Library/Android*

JDK 7 をアンインストール

“【Mac】Android Studio と JDK 7 をアンインストールし、SDKMAN! をインストールした記録” の続きを読む

【Ansible】SDKMAN! で Oracle Java インストール時のキーボード入力待ち状態に expect モジュールで対処する

まとめ

  • Ansible の expect モジュールを使用する。
    • pip – Manages Python library dependencies. — Ansible Documentation
    • virtualenv、pip に依存するとあるが、pip のみのインストールで問題なかった。
    • pip は epel リポジトリの python-pip でインストールした。
    • pip がインストールされれば、ansilbe の pip モジュールが使用できるようになり、楽に pexpect をインストールできるようになった。
  • OpenJDK のときは対話処理するための質問文が表示されない。このときは expect は無視されるので Ansible の実行に影響なし。
  • expect モジュールの timeout デフォルト値は 30 秒のため、Java のインストールに間に合わずエラーとなった。したがって、1200 (60 秒 × 20 分) を設定した。
    • timeout 値を超える前にインストールが完了すれば次の処理へ進んだ。したがって、timeout には大きな値を入れておけば良い。

“【Ansible】SDKMAN! で Oracle Java インストール時のキーボード入力待ち状態に expect モジュールで対処する” の続きを読む


スポンサードリンク

【Git】リモートリポジトリの URL を変更したい、push 先を 1 つ減らしたい

環境

  • git version 2.13.3.windows.1

行いたいこと

  • fetch、push の URL を変更したい。
  • 具体的には次のようにしたい。
    • 修正前の状態
    • origin. http://example.com/pj-a.git (fetch)
    • origin. http://example.com/pj-a.git (push)
    • origin. http://example.com/pj-b.git (push)
    • 修正後の状態
    • origin. http://example.com/pj-b.git (fetch)
    • origin. http://example.com/pj-b.git (push)
  • 以上を、Git のコマンドを使って行いたい。

使用コマンドまとめ

# リモートリポジトリの設定確認
git remote -v
# ローカルリポジトリの設定ファイル内容表示
cat .git/config

# リモートリポジトリの URL 削除
git remote set-url --delete <name> <url>

# リモートリポジトリの削除
git remote remove <name>
# リモートリポジトリの追加
git remote add <name> <url>

ちなみに、今回の目的から外れるが、Git コマンドを使用しないで同様のことを行いたい場合は、.git/config ファイルを編集すればよい。

“【Git】リモートリポジトリの URL を変更したい、push 先を 1 つ減らしたい” の続きを読む

【CentOS7】SDKMAN! をシステムワイド (全ユーザが使えるよう) にインストールする方法

root ユーザで SDKMAN! を使ってインストールした Java や Grails を、他のユーザ使用できるのならシステムワイドにインストールする必要はない。

そのように考え試してみましたところ、ダメ!

具体的には root ユーザで Java をインストールして、別ユーザで java コマンド確認したら無いって言われてしまいました。

  • 全ユーザが sdk コマンドで SDK をインストール等できる。
  • 全ユーザが sdk コマンドで使用可能にした Java 等を利用できる。

という環境を作成してみました。

まずは従来の普通の方法を見た後、システムワイドに SDKMAN! をインストールする方法書いていきます。

“【CentOS7】SDKMAN! をシステムワイド (全ユーザが使えるよう) にインストールする方法” の続きを読む

【Ansible】変数の値を command モジュールで実行できなかった><

はじめに

にて、Ansible の変数を command モジュールで実行しようとしたところ、1 行が 1 つの引数と判断されてしまうために、エラーとなってしまいました。

そこで、次の方法が思い当たりました。

(今回はダメだったけれども) Ansible タスクで変数の値をそのまま command モジュールで実行する方法

“【Ansible】変数の値を command モジュールで実行できなかった><” の続きを読む

【Ansible】SDKMAN! を curl を使わないでインストールするタスク

SDKMAN! のインストールは簡単!

公式ページ Installation – SDKMAN! にあるようにワンライナーで完了です。

$ curl -s "https://get.sdkman.io" | bash

これを単純に Ansible タスクで書くと次のようになります。

- name: Install SDKMAN!
  shell: curl -s "https://get.sdkman.io" | bash

ところが実行してみますと、次のような警告が出ました。

TASK [sdkman : Install SDKMAN!] ************************************************
changed: [default]
 [WARNING]: Consider using get_url or uri module rather than running curl

この警告を出ないようにしてみましたのでノートします。

“【Ansible】SDKMAN! を curl を使わないでインストールするタスク” の続きを読む

【Ansible】Ubuntu で OS とパッケージを最新にするための書き方は多分こう

はじめに

CentOS 7 ならこう。次のようなタスクになります。

---
- name: upgrade all packages
  yum:
    name: '*'
    state: latest

これに該当するタスクを Ubuntu 用に書きたいのです。

“【Ansible】Ubuntu で OS とパッケージを最新にするための書き方は多分こう” の続きを読む

【Git】1 回の push で複数のリモートリポジトリに反映する方法

やりたいこと

リモートリポジトリ origin で push する先の url を増やしたい。
毎回の push 操作で、もう 1 つの url にも反映することで、バックアップとしたい。
fetch するときの url は追加する前からあった、元々の url のままとしたい。

“【Git】1 回の push で複数のリモートリポジトリに反映する方法” の続きを読む

【Word2013】蛍光ペンを検索する手順

ワード文章内の、蛍光ペンを使ったマーカー部分を検索する方法です。

“【Word2013】蛍光ペンを検索する手順” の続きを読む

【Ansible】最新 LEMP 環境構築プレイブックを作成するときに得られたものまとめ

はじめに

次の CentOS 7 の最新 PHP および MariaDB の LEMP 環境を構築する Ansible プレイブックを作成する際に躓いたことや得たことのノートです。

“【Ansible】最新 LEMP 環境構築プレイブックを作成するときに得られたものまとめ” の続きを読む