【Ansible】PostgreSQL スーパーユーザにパスワード設定後のユーザや DB 追加操作する時のコツ

スポンサードリンク

  • login_user、login_password を設定する。
  • インストール直後など、スーパーユーザにパスワードが設定されていない場合、PostgreSQL 関連モジュールでは自由に設定が可能
  • しかし、一度パスワードを設定すると、今後はそのパスワードがないと PostgreSQL への変更が行えない。
  • そこで、まだパスワードが設定されていなくても、login_user、login_password を明示的に指定することでこの問題を回避し、冪等性を保つことができる。

“【Ansible】PostgreSQL スーパーユーザにパスワード設定後のユーザや DB 追加操作する時のコツ” の続きを読む

【Ansible】設定ファイルで一部書き換えには、patch コマンドのモジュールが使える

patch モジュールの使い方例

“【Ansible】設定ファイルで一部書き換えには、patch コマンドのモジュールが使える” の続きを読む


スポンサードリンク

【Ansible2.3】when で変数を使用するときは jinja2 テンプレートデリミタの {{ }} を使用しないべきとの警告に対処

次のような警告が出るようになりました。

TASK [ruby-sw : Install Ruby via rbenv] ****************************************
 [WARNING]: when statements should not include jinja2 templating delimiters
such as {{ }} or {% %}. Found: "{{ ruby_version }}" not in
installed_ruby_versions.stdout

コードの修正

“【Ansible2.3】when で変数を使用するときは jinja2 テンプレートデリミタの {{ }} を使用しないべきとの警告に対処” の続きを読む

【C言語】メンバがポインタの構造体の扱い方【Windows】【RHEL7】【gcc】

C のコードに触れさせていただきました。

ポインタの理解もままならぬ中、次のようなことをおぼろげながら掴みましたの!

C 言語では関数へは値渡しのみしか存在しない。そして、関数へ多くの値渡しを行うと、パフォーマンスが劣化する。

そこで、変数や構造体のアドレス情報であるポインタを値渡しし、ポインタから変数の値へとアクセスして更新することでパフォーマンスを保つ。

以上のことを活かすために、メンバがポインタの構造体を関数へと渡せばパフォーマンスを落とさずにコードの見通しを良く保てるはず、と考えました。

しかしながら、これに躓きましたの><。

ポインタ構造体への、代入、取り出し、関数への渡し方、これらを行いたいだけですのに!

そして、ポインタ構造体を関数の引数にして、関数内部でポインタ構造体のメンバの値を変更したいですの!

学習してていく中で、

のページが理解に非常に役立ちました。

今回は、現在のわたくしたちの理解をメモ書きしていきたいと存じます!

ポインタ構造体を使った C 言語のサンプルコード

“【C言語】メンバがポインタの構造体の扱い方【Windows】【RHEL7】【gcc】” の続きを読む

【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での rbenv を使った Ruby 環境構築するプレイブック作成メモ

を作るにあたって、今回も情報源や、勉強になったことなどをノートしていきます♪

“【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での rbenv を使った Ruby 環境構築するプレイブック作成メモ” の続きを読む

Word 2013 でスペース、改行などの編集記号を表示する設定

設定手順

  1. ファイル > オプション
  2. [表示タブ] の [常に画面に表示する編集記号]
  3. [すべての編集記号を表示する] にチェックする

“Word 2013 でスペース、改行などの編集記号を表示する設定” の続きを読む

Word 2013 で見出しへのリンクを挿入する手順

やり方

  1. 上部メニュー > 挿入 > 相互参照
  2. 相互参照ウインドウの、参照先から挿入したい見出しを選択し、挿入をクリック

“Word 2013 で見出しへのリンクを挿入する手順” の続きを読む

【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での PostgreSQL 9.6、phpPgAdmin 環境構築メモ

を作るにあたって、情報源や、勉強になったことなどをノートしていきます♪

“【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での PostgreSQL 9.6、phpPgAdmin 環境構築メモ” の続きを読む

【Ansible】【Vagrant】デバッグしながらプレイブックを作るときに使っているテクニック

まとめ

  • debug モジュールを使って状況を出力
  • Vagrantfile で Ansible の実行状況を詳しく出力
  • Vagrant の snapshot 機能を利用
  • Vagrant の provision 機能を利用

“【Ansible】【Vagrant】デバッグしながらプレイブックを作るときに使っているテクニック” の続きを読む

Windows で Subversion ログからファイルのリストを作り、そのファイルを引数にグレップした時のポイントメモ

やりたいこと

  • Subversion のログから、更新したファイルのパスのリストを取得
  • 各パスのファイルを対象に、指定文字列でグレップ

使ったコマンド

  • svn diff: 更新したファイルのパスのリストを取得するのに
  • grep: パスのリストから拡張子でフィルタリングするのに、指定文字列でグラップするのに
  • sed: 最終行を削除するのに使用
  • awk: 指定列のみ抽出するのに、置換するのに
  • xargs: 出力したパスの1行を1引数として次のコマンドに渡すのに

“Windows で Subversion ログからファイルのリストを作り、そのファイルを引数にグレップした時のポイントメモ” の続きを読む