【GVim】_gvimrc、_vimrc 内容をノート

スポンサードリンク

" フォント設定:
"
" Windows 用
set guifont=MS_Gothic:h9:cSHIFTJIS

" ウインドウに関する設定:
"
" ウインドウの幅
set columns=150
" ウインドウの高さ
set lines=45
" ウインドウの高さ (GUI 使用時)
set cmdheight=1

" マウスに関する設定:
"
" どのモードでもマウスを使えるようにする
set mouse=a
" マウスの移動でフォーカスを自動的に切り替える
set mousefocus
" 入力時にマウスポインタを隠さない
set mousehide
" ビジュアル選択 (D&D 他) を自動的にクリップボードへ (:help guioptions_a)
set guioptions+=a

“【GVim】_gvimrc、_vimrc 内容をノート”の続きを読む

【Vim】Windows 7 での Vim インストール場所を変更しました

変更したい理由

netupvim を管理者として実行し忘れると、

  • Vim のアップデートができない。
  • 中間ファイルが残ってしまう。

という問題があるからですの。

今までのとこれからの Vim 配置場所

“【Vim】Windows 7 での Vim インストール場所を変更しました”の続きを読む


スポンサードリンク

【Excel 2013】縦横のスクロールバーが消えたのを再表示する手順メモ

手順

  1. スクロールバーが消えたエクセルファイルを立ち上げる。
  2. ファイル > オプション
  3. 詳細設定 > 次のブックで作業するときの表示設定
  4. 次にチェックし、OK
    • 水平スクロールバーを表示する
    • 垂直スクロールバーを表示する

“【Excel 2013】縦横のスクロールバーが消えたのを再表示する手順メモ”の続きを読む

【Git Bash】Windows でもっと簡単にファイルを tail -f する方法

コマンド

tail /c/Path/To/logFile.log | iconv -c -f SJIS

“【Git Bash】Windows でもっと簡単にファイルを tail -f する方法”の続きを読む

【Windows】【Visual Studio Code】PHP ファイルを開くと表示される ‘php.validate.executablePath’ エラーに対処する

ポイント

  • php.exe を指定してやれば解決できる。
  • エラー回避が目的で、Windows で PHP を実行することが目的ではない。
    そのため、PHP の種類、バージョンや、環境変数を厳密に設定しない。
  • PHP は Non Thred Safe 版をダウンロードした。
    これは、IIS (Internet Infomation Services) で PHP を使用する場合に利用するとのこと。
  • PHP バージョンを出来るだけ開発環境に合わせようと思ったが、開発環境のバージョンが低すぎてダウンロードできなかったため、この時点で最も低いバージョンである 5.5 をダウンロードした。
  • PHP のパス、つまり環境変数 PATH の設定はしていない。

“【Windows】【Visual Studio Code】PHP ファイルを開くと表示される ‘php.validate.executablePath’ エラーに対処する”の続きを読む

Vagrantfile を色付けする方法メモ

Visual Studio Code を使用して、Vagrant 環境を作っております。

Vagrantfile がプレーンテキストとして認識されており、文字が真っ白ですの。

シンタックスハイライトを効かせられないかしら?

Vagant は Ruby で動いており、Vagrantfile も Ruby で書かれておりますの。

ですから Vagrantfile は Ruby であると Visual Studio Code に認識させてあげればよさそうですわね♪

今回、その方法をノートいたします。

ポイント

“Vagrantfile を色付けする方法メモ”の続きを読む

【Visual Studio2015】ソリューションを GitHub と連携してホストする手順

環境

  • Windows 10 Pro
    バージョン 1607
  • Microsoft Visual Studio Community 2015
    Version 14.0.25425.01 Update 3

流れ

GitHub リポジトリを作成してからソリューションを作成する、という順番をしっかりと意識したいですわ♪

  1. GitHub 連携エクステンションの確認・インストール
    1. ホストされるサービスのプロバイダーを確認
    2. GitHub 連携エクステンションのインストール
  2. Visual Studio から GitHub にログインし、連携
  3. GitHub にリモートリポジトリを作成
  4. Visual Studio ソリューションを作成
  5. ローカルリポジトリへのコミット
  6. GitHub へのプッシュ

“【Visual Studio2015】ソリューションを GitHub と連携してホストする手順”の続きを読む

【Vim】【Windows】設定ファイルを読み込む設定を確認するコマンド

Vim が起動時に読み込むユーザーホームディレクトリ下のディレクトリを確認したいですわ。

とある言語のシンタックスハイライトを追加する必要がありましたの。この際に、Vim のインストールフォルダには手を触れたくありませんでした、というのが理由ですわ。

:set runtimepath

すると ~/vimfiles および ~/vimfiles/after が、Vim 起動時に読み込まれるユーザーホームディレクトリのデフォルトであることがわかります。

“【Vim】【Windows】設定ファイルを読み込む設定を確認するコマンド”の続きを読む

【Vim】【Windows7】権限不足で netupvim が使用できなかった問題を解決

問題

にしたがって、netupvim を Vim.exe と同じフォルダに展開し、使用してみたところ途中でエラーが発生してしまいました><。

環境

  • Windows7 Professional 32 bit
  • Vim.exe は C:¥Program Files¥vim74-kaoriya-win32 に配置
  • このフォルダに netupvim 1.0 の中身を展開した。

“【Vim】【Windows7】権限不足で netupvim が使用できなかった問題を解決”の続きを読む

【MVC5】【Entity Framework】レコードの一部を更新するには、取得して更新する

ポイント

  • スキャフォールディングによる自動生成のコードではすべてのカラムを更新してしまう。
  • ウェブページからレコードの一部分を受け取って更新したい場合、自動生成コードを使うと受け取っていないカラムの値が無くなってしまう。
  • よって、Find でレコードを取得し、値を変更した後、SaveChanges で更新する。

“【MVC5】【Entity Framework】レコードの一部を更新するには、取得して更新する”の続きを読む