【Windows】コンテキストメニュー(右クリック)に [Vimで開く] を追加する手順

スポンサードリンク

環境やポイント

  • 注意!レジストリを編集するため、自己責任!
  • Windows10 Professional 64 bit
  • コンテキストメニューに [Vimで開く] を追加する。

設定した [Vimで開く] の使い方

  • ファイルを右クリックし、[Vimで開く]
  • フォルダ内のファイル以外の箇所で右クリックし、[Vimで開く]
    場所はカレントディレクトリで、まっさらな Vim が起動する。
  • フォルダを右クリックし、[Vimで開く]。Netrw で指定フォルダ内をリストアップ

設定用ファイルの作成

  • Vim インストール場所
    • C:\Users\username\AppData\Local\vim
  • レジストリ登録ファイル作成時は次のようにする点に注意
    • CRLF
    • Unicode
    • BOM付
  • 下記設定ファイルの、username 等は各環境に合わせて置き換えること。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\Vim]
@="Vimで開く"
"Icon"="\"C:\\Users\\username\\AppData\\Local\\vim\\gvim.exe\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\Vim\command]
@="\"C:\\Users\\username\\AppData\\Local\\vim\\gvim.exe\" \"%1\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\Vim]
@="Vimで開く"
"Icon"="\"C:\\Users\\username\\AppData\\Local\\vim\\gvim.exe\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\Vim\command]
@="\"C:\\Users\\username\\AppData\\Local\\vim\\gvim.exe\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\Vim]
@="Vimで開く"
"Icon"="\"C:\\Users\\username\\AppData\\Local\\vim\\gvim.exe\""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\Vim\command]
@="\"C:\\Users\\username\\AppData\\Local\\vim\\gvim.exe\" \"%1\""


レジストリ登録の実行方法

  1. vim_context_menu.reg を実行
  2. ユーザーアカウント生後のウインドウが出る。[OK]
  3. 次の警告ウインドウが出る。[はい(Y)]
    [Window Title]
    レジストリ エディター
    
    [Content]
    情報を追加すると、値が変更または削除されてしまい、コンポーネントが正常に動作しなくなることがあります。C:\Users\username\Desktop\vim_context_menu.reg のこの情報のソースを信頼しない場合は、レジストリに追加しないでください。
    
    続行しますか?
    
    [はい(Y)] [いいえ(N)]
    
  4. 次のウインドウが出る。[OK]
    [Window Title]
    レジストリ エディター
    
    [Content]
    C:\Users\username\Desktop\vim_context_menu.reg に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。
    
    [OK]
    

登録できたかの確認方法

  • 右クリックして [Vimで開く] が出現することで確認する。
  • レジストリエディタから登録内容を確認する。
    1. ウインドウズキー + r
    2. 名前(O): regedit
    3. vim_context_menu.reg を見て、キーと値を確認する。

おわりに

次のページが参考になりました♪

コンテキストメニューへの [Vimで開く] の追加について

reg ファイルの作成方法について

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す