【Ansible】設定ファイルで一部書き換えには、patch コマンドのモジュールが使える

スポンサードリンク

patch モジュールの使い方例

パッチファイルを次のように作成いたしました。

cp -a pg_hba.conf pg_hba.conf.org
vim pg_hba.conf
diff -up pg_hba.conf.org pg_hba.conf > pg_hba.conf.patch

パッチファイルの内容は、次のようになりました。

--- pg_hba.conf.org	2015-12-06 15:49:05.282188570 +0900
+++ pg_hba.conf	2015-12-06 15:33:01.377197287 +0900
@@ -71,6 +71,8 @@
 # "host" records.  In that case you will also need to make PostgreSQL
 # listen on a non-local interface via the listen_addresses
 # configuration parameter, or via the -i or -h command line switches.
+host    redmine         redmine         127.0.0.1/32            md5
+host    redmine         redmine         ::1/128                 md5

このパッチを適用するためのプレイブックがこちらですの♪

... 略 ...
- name: Install patch
  yum:
    name: patch
    state: latest

- name: Apply patch to pg_hba.conf
  patch:
    src: pg_hba.conf.patch
    dest: /var/lib/pgsql/9.6/data/pg_hba.conf
  notify: Restart postgresql-9.6
... 略 ...

おわりに

今回の内容は、次のコミットで役に立ちました♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す