【Vim】Windows 7 での Vim インストール場所を変更しました

スポンサードリンク

変更したい理由

netupvim を管理者として実行し忘れると、

  • Vim のアップデートができない。
  • 中間ファイルが残ってしまう。

という問題があるからですの。

今までのとこれからの Vim 配置場所

  • 今まで: C:¥Program Files
  • これから: C:¥Users¥username¥AppData¥Local

(新しい配置場所への) Vim インストール手順

  1. C:¥Users¥username¥AppData¥Local に Vim フォルダを作成
  2. netupvim 1.0 リリース — KaoriYa からリンクを辿り Downloads から zip ファイルをダウンロード(この時点では netupvim-v1.2.zip だった)
  3. 展開した中から次のファイルを vim フォルダに置く。
    • netupvim.exe
    • UPDATE.bat
    • RESTORE.bat
  4. UPDATE.bat を実行

インストールした Vim の起動確認

  1. インストールしたフォルダにある、gvim.exe を実行して、Vim が起動することを確認

今までの Vim 設定を引き継いでいるかの確認

  1. Vim で echo $HOME を実行して、C:¥Users¥username であることを確認
  2. Vim で :set runtimepath を実行して、次のように vimfiles フォルダが含まれていることを確認
runtimepath=~/vimfiles, ~¥AppData¥Local¥vim/vimfiles, ~¥AppData¥Local¥vim/vim80, ~¥AppData¥Local¥vim/vimfiles/after, ~vimfiles/after, ~¥AppData¥Local¥vim/plugins/autofmt, ... 略 ...

これにより、C:¥Users¥username に以前作成した以下のフォルダ、ファイルが Vim 起動時に自動的に読まれることを確かめることができた。

  • vimfiles フォルダ
  • _gvimrc ファイル
  • _vimrc ファイル

おわりに

時々使用する、次のアプリが C:¥Users¥username¥AppData¥Local にインストールするように変更されたのがきっかけで、変更を検討し始めました。

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す