CentOS 7 に PostgreSQL 9.2 をインストール、設定のノート

スポンサードリンク

インストール

yum -y install postgresql-devel postgresql-server

特にリポジトリの追加等は行っておりません。

次のバージョンがインストールされました。

# psql --version
psql (PostgreSQL) 9.2.15
#

初期設定

CentOS 6 では、initdb は postgresql-setup ではなく、service postgresql initdb でした。

CentOS 7 となり、サービスの起動等以外にも変更となり、この点がとくに分かり辛く、調べるのに時間を使ってしまいました><。

# 初期化
postgresql-setup initdb
# 自動起動を有効
systemctl enable postgresql.service
# 起動
systemctl start postgresql.service

設定ファイル編集 1. パスワード認証へ変更

# バックアップ
cp -a /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf.org
# パスワード認証へ変更
sed -i -i 's|local   all             all                                     peer|local   all             all                                     md5|' /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
sed -i -i 's|host    all             all             127.0.0.1/32            ident|host    all             all             127.0.0.1/32            md5|' /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
sed -i -i 's|host    all             all             ::1/128                 ident|host    all             all             ::1/128                 md5|' /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

次のように変更されました♪

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     peer
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 ident

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     md5
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            md5
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 md5

設定ファイル編集 2. パスワード暗号化 (設定変更せず)

password_encryption (boolean)
ENCRYPTEDもしくはUNENCRYPTEDの指定なしで、CREATE USER もしくはALTER USERにてパスワードが指定されている場合、このパラメータはパスワードを暗号化するか否かを決定します。 デフォルトはon(パスワードを暗号化)です。

デフォルトでオンのため、次の修正は行いませんでした。

# バックアップ
cp -a /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf.org
# パスワード暗号化
sed -i -e 's/#password_encryption = on/password_encryption = on/' /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

設定ファイル編集 3. スーパーユーザに (postgres) にパスワード設定

ヒアドキュメントを使って、シェルから実行しました。

su - postgres <<EOT
psql -U postgres
ALTER USER postgres encrypted password 'vagrant';
\q
exit
EOT

確認は、次の SQL で行うことができました。

SELECT * FROM pg_shadow;

設定変更の反映

PostgreSQL を再起動して、変更した設定を反映させています。

# 再起動して設定反映
systemctl restart postgresql.service

おわりに

次の Vagrant のテンプレート作成のために、久しぶりに PostgreSQL のインストールを行いました。

調べる中で覚えておきたいこともございましたので、Github にコードを反映させる以外にノートいたしました。

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す