【Windows】【Visual Studio Code】PHP ファイルを開くと表示される ‘php.validate.executablePath’ エラーに対処する

スポンサードリンク

ポイント

  • php.exe を指定してやれば解決できる。
  • エラー回避が目的で、Windows で PHP を実行することが目的ではない。
    そのため、PHP の種類、バージョンや、環境変数を厳密に設定しない。
  • PHP は Non Thred Safe 版をダウンロードした。
    これは、IIS (Internet Infomation Services) で PHP を使用する場合に利用するとのこと。
  • PHP バージョンを出来るだけ開発環境に合わせようと思ったが、開発環境のバージョンが低すぎてダウンロードできなかったため、この時点で最も低いバージョンである 5.5 をダウンロードした。
  • PHP のパス、つまり環境変数 PATH の設定はしていない。

エラー内容

PHP ファイルを Visual Studio Code で開くと、次のエラーが表示されましたわ><。

Cannot validate the php file. The php program was not found. Use the ‘php.validate.executablePath’ setting to configure the location of ‘php’

エディタを起動して PHP ファイルを開いた 1 回目のみ表示されるが、エディタを起動するたびに表示されるので煩わしいですの><。

設定内容

PHP をダウンロード、インストールした後、次の手順で Visual Studio Code の設定を行いました。

  1. ファイル > 基本設定 > ユーザー設定
  2. setting.json に追記
    // PHP
    
        // PHP の実行可能ファイルをポイントします。
        "php.validate.executablePath": "C:¥¥php-5.5.38-nts-Win32-VC11-x86¥¥php.exe"
    
  3. Visual Studio Code を再起動

設定後、なぜだか 1 度の再起動では反映されませんでした。あらあら?と思いながらもう一度再起動しましたら、エラーが表示されなくなりました♪

おわりに

次のページが参考になりました♪ありがとう存じます!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す