【CentOS7】yum の $releasever、$basearch と $infra を知る方法

スポンサードリンク

環境

  • CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

知りたいこと

... 略 ...
[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
... 略 ...

の変数 $releasever、$basearch と $infra の値が知りたいですの!調査して、まとめた結果をノートいたします。

$releasever

  • /etc/yum.conf の distroverpkg の値が該当
  • distroverpkg=centos-release となっており、判別できなかった。yum info centos-release で調べられた。
  • バージョンが相当すると判断して良さそうで、その値は 7 だった。
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1
installonly_limit=5
bugtracker_url=http://bugs.centos.org/set_project.php?project_id=23&ref=http://bugs.centos.org/bug_report_page.php?category=yum
distroverpkg=centos-release


#  This is the default, if you make this bigger yum won't see if the metadata
# is newer on the remote and so you'll "gain" the bandwidth of not having to
# download the new metadata and "pay" for it by yum not having correct
# information.
#  It is esp. important, to have correct metadata, for distributions like
# Fedora which don't keep old packages around. If you don't like this checking
# interupting your command line usage, it's much better to have something
# manually check the metadata once an hour (yum-updatesd will do this).
# metadata_expire=90m

# PUT YOUR REPOS HERE OR IN separate files named file.repo
# in /etc/yum.repos.d
# yum info centos-release
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
インストール済みパッケージ
名前                : centos-release
アーキテクチャー    : x86_64
バージョン          : 7
リリース            : 2.1511.el7.centos.2.10
容量                : 35 k
リポジトリー        : installed
提供元リポジトリー  : anaconda
要約                : CentOS Linux release file
ライセンス          : GPLv2
説明                : CentOS Linux release files
#

$basearch

  • i386、x86_64 のいずれか。
  • yum info centos-release によるアーキテクチャーという項目に、x86_64 とあったため、x86_64 でよいと判断できる。

$infra

変数を当てはめた URL にアクセスした結果

http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates&infra=$infra

に調べた次の値を当てはめます。

  • $releasever: 7
  • $basearch: x86_64
  • $infra: 空

そうして完成した次の URL へとアクセスしました。

  • http://mirrorlist.centos.org/?release=7&arch=x86_64&repo=updates&infra=

結果、次の内容が表示されましたわ♪

http://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/centos/7.2.1511/updates/x86_64/
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/7.2.1511/updates/x86_64/
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/7.2.1511/updates/x86_64/
http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/centos/7.2.1511/updates/x86_64/
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/centos/7.2.1511/updates/x86_64/
http://mirror.fairway.ne.jp/centos/7.2.1511/updates/x86_64/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/7.2.1511/updates/x86_64/
http://www.ftp.ne.jp/Linux/packages/CentOS/7.2.1511/updates/x86_64/
http://mirror.vodien.com/centos/7.2.1511/updates/x86_64/
http://mirror.0x.sg/centos/7.2.1511/updates/x86_64/

日本の updates リポジトリのリストのようですわね♪

おわりに

参考ページです。ありがとう存じます!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す