【CentOS6】SELinux を無効にできない問題を解決!

スポンサードリンク

ポイント

  • SELINUX=disabled を記述するファイルは、/etc/sysconfig/selinux ではなく /etc/selinux/config が正しい。
  • CentOS 6 で確認した。CentOS 7 でも同様のようだ。CentOS 5 では不明。

設定正誤の例

誤った例の後、正しい例の順番ですわ。

echo "SELINUX を無効化"
sed -i -e 's/SELINUX=enforcing/SELINUX=disabled/' /etc/sysconfig/selinux
setenforce permissive

echo "SELINUX を無効化"
sed -i -e 's/SELINUX=enforcing/SELINUX=disabled/' /etc/selinux/config
setenforce permissive

補足

CentOS 6 では、/etc/sysconfig/selinux も /etc/selinux/config も両方のファイルが存在しました。

内容は全く同じでしたの。

最初、/etc/sysconfig/selinux を修正しましたけれども、SELinux は有効なままでしたの><。

調べて、/etc/selinux/config も修正したところ、ようやく無効にすることができました♪

おわりに

次のコードを修正しなければなりませんの!

最後に、次のページが参考になりました。ありがとう存じます!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す