【Visual Studio2015】ソリューションを GitHub と連携してホストする手順

スポンサードリンク

環境

  • Windows 10 Pro
    バージョン 1607
  • Microsoft Visual Studio Community 2015
    Version 14.0.25425.01 Update 3

流れ

GitHub リポジトリを作成してからソリューションを作成する、という順番をしっかりと意識したいですわ♪

  1. GitHub 連携エクステンションの確認・インストール
    1. ホストされるサービスのプロバイダーを確認
    2. GitHub 連携エクステンションのインストール
  2. Visual Studio から GitHub にログインし、連携
  3. GitHub にリモートリポジトリを作成
  4. Visual Studio ソリューションを作成
  5. ローカルリポジトリへのコミット
  6. GitHub へのプッシュ

1. GitHub 連携エクステンションの確認・インストール

1-1. ホストされるサービスのプロバイダーを確認

  1. 表示 > チーム エクスプローラー
  2. 上部アイコンの [接続の管理]
  3. ホストされるサービスのプロバイダー、を確認

Visual Studio Team Services のみが表示されておりました。

GitHub がありませんでしたので、接続できるようにいたします。

1-2. GitHub 連携エクステンションのインストール

このページのエクステンションを導入いたします。

手順は簡単で、ページの [ダウンロード] から入手したファイル、GitHub.VisualStudio.vsix を実行し、インストール後に Visual Studio を再起動するだけですわ♪

その後、チーム エクスプローラーを確認いたしますと、GitHub がございました♪

Visual Studio 2015 に GitHub エクステンションを導入できた

2. Visual Studio から GitHub にログインし、連携

  1. ホストされるサービスのプロバイダーの GitHub の [Connect…]
  2. [Username or email] [Password] を入力し、[Login]

そうしますと、次のように表示が変わり、GitHub の操作が可能となることがわかりました。

Visual Studio から GitHub にログインすることで GiHub への操作が可能となった

次からは、GitHub リポジトリを作成し、ソリューションを作成して、ローカルリポジトリへコミットし、GitHub へホストしてまいります!

すべて Visual Studio からの操作となりますの♪

3. GitHub にリモートリポジトリを作成

  1. 表示 > チーム エクスプローラー の GitHub > Create
  2. 次を入力し、Create
    • Name: Mvc5FisrtSample
    • Description: リレーションのあるテーブルが3つの、シンプルな MVC5 サンプルアプリです。
    • Local path: C:\Users\oki2a24\Source\Repos
      デフォルトのままとした。
    • Git ignore: VisualStudio
    • License: None
      本当は MIT LICENCE を選択したかったが、クリックしても反映されなかったため

以上の操作で、C:\Users\oki2a24\Source\Repos に、Mvc5FisrtSample フォルダが作成され、その中を見ますと .git フォルダ、.gitignore ファイル、README.md ファイルが作成されておりました。

4. Visual Studio ソリューションを作成

ソリューションのディレクトリも、新しい Git リポジトリも作成しなかったことがポイントですわ!

  1. 引き続きチーム エクスプローラーから、[Create a new project or solution.] をクリック
  2. 新しいプロジェクトで、.NET Framework 4.6.1、Visual C# の ASP.NET Web Application (.NET Framework) を選択。
    次のように修正して、OK

    • 名前: WebApplication1
    • 場所: C:\Users\oki2a24\Source\Repos\Mvc5FisrtSample
    • ソリューション名: WebApplication1
    • [x] ソリューションのディレクトリを作成
    • [x] 新しい Git リポジトリの作成
    • 名前: Mvc5FisrtSample
    • 場所: C:\Users\oki2a24\Source\Repos\Mvc5FisrtSample
    • ソリューション名: Mvc5FisrtSample
    • [ ] ソリューションのディレクトリを作成
    • [ ] 新しい Git リポジトリの作成
  3. 次のようにして、OK
    • ASP.NET 4.6.1 テンプレート: MVC
    • 認証: なし

以上で、C:\Users\oki2a24\Source\Repos\Mvc5FisrtSample フォルダにソリューションが作成されました。

5. ローカルリポジトリへのコミット

最終的に GitHub へ反映いたしますが、まずはローカルリポジトリへコミット、次に GitHub へプッシュという流れとなりますわ♪

  1. チームエクスプローラー上部のホームアイコン
  2. プロジェクト > 変更
  3. 変更を確認し、メッセージボックスにコミットメッセージを入力し、[すべてをコミット]

GitHub へプッシュ前に、ローカルリポジトリへコミットした

6. GitHub へのプッシュ

いよいよクライマックスですの!

  1. 前の画面から引き続き、[同期]
    もしくは、チームエクスプローラー上部のホームアイコン > プロジェクト > 同期
  2. 出力方向のコミット > プッシュ

GitHub へのプッシュが完了しました!

ただプッシュをクリックするのみでした、簡単でしたの♪

おわりに

想像していたよりも、ずっと簡単でしたの♪最初の手順で、GitHub リポジトリを作成してからソリューションを作成する、という順番さえ整理しておけば、難しくないと存じます。

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す