【Vagrant】バージョン 1.8.5 で Warning: Authentication failure. Retrying… となり vagrant up できない問題を解決

スポンサードリンク

問題のポイント

  • Warning: Authentication failure. Retrying… となり vagrant up が完了しない。
  • 仮想マシンは起動しているものの、vagrant ssh するとパスワードを求められる。
  • なお、Warning: Remote connection disconnect. Retrying… のエラーは該当しない。

解決策 2 つ

解決策 1 実践

エラー発生後、エラーの発生した仮想マシンへ ssh し、chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys でパーミッションを変更しました。

$ vagrant ssh
vagrant@127.0.0.1's password:
Last login: Thu Jul 21 22:42:13 2016 from 10.0.2.2
[vagrant@localhost ~]$ pwd
/home/vagrant
[vagrant@localhost ~]$ ll .ssh/
合計 4
-rw-rw-r--. 1 vagrant vagrant 389  8月 15 21:02 2016 authorized_keys
[vagrant@localhost ~]$
[vagrant@localhost ~]$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys
[vagrant@localhost ~]$
[vagrant@localhost ~]$ ll .ssh/
合計 4
-rw-------. 1 vagrant vagrant 389  8月 15 21:02 2016 authorized_keys
[vagrant@localhost ~]$ logout
Connection to 127.0.0.1 closed.

この後、vagrant halt し、vagrant up することで再起動してみますと、エラーが出なくなりました!

解決策 2 実践

先程は仮想マシンの中身を修正いたしました。今度は、Vagrant のコードを修正いたします。

まずは、ファイル場所の特定です。public_key.rb にバグが有るとのことです。

sudo find / -name public_key.rb することで、コードの場所がわかりましたので、GitHub のページにあった内容で修正いたします。

sudo vim /opt/vagrant/embedded/gems/gems/vagrant-1.8.5/plugins/guests/linux/cap/public_key.rb

にある通り、chmod 0600 ~/.ssh/authorized_keysmv ~/.ssh/authorized_keys.tmp ~/.ssh/authorized_keys の次に追加します。

以上で、初回の vagrant up の時から、エラーが発生しなくなりました♪

おわりに

Vagrant のバグということですけれども、遭遇した時は大変驚きました。あたふたしてしまいました><。

次のバージョンでは解消されるでしょうから、首を長くして Vagrant リリースを待ちますの♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す