はじめての GitHub 体験記

スポンサードリンク

GitHub に今まで書いたコードまとめておけば、再利用するときに楽ができるかしら、と思いました。

今まで GitHub を触ったことがありませんでしたので、今回使用してみた流れを残しておきますの♪

やってみること

Packer で Vagrant 用の最低限の OS Box を作成するコードを幾つか書いてまいりました。これを GitHub へホスティングしようと思います。

今回は、CentOS 5 の Box 化コードをホスティングした時の手順を残しますわ♪

ポイント

  • GitHub はリモートリポジトリと同じように使用できる。サイトに様々な機能があるが、ひとまず無視して良い。
  • コラボレーションしないならば、ただのリモートリポジトリとして使うのが楽。

GitHub を使う時の流れ

  1. GitHub サイトでリポジトリを作成
  2. ローカルに GitHub リモートリポジトリを clone
  3. ローカルで作業し、完成など一区切り付ける。
  4. GitHub リモートリポジトリへ push

最初に GitHub でリポジトリを作成し、次にそれをローカルに持ってくる、というのがポイントでしたの。

逆の、ローカルで作成したリポジトリを GitHub へアップロードする、というのは、実はできるのかもしれませんけれどもわかりませんでしたわ。

1. GitHub でリポジトリを作成

2. GitHub リモートリポジトリの URL を取得

git clone xxxxx するための、xxxxx 部分を取得しました。

  1. oki2a24/packer-templates ページの [Clone or download] ボタン > [Copy to clipboard] で URL をコピー

3. ローカルに GitHub リモートリポジトリを clone

$ # 作成したリモートリポジトリをクローン
$ git clone https://github.com/oki2a24/packer-templates.git
Cloning into 'packer-templates'...
remote: Counting objects: 5, done.
remote: Compressing objects: 100% (4/4), done.
remote: Total 5 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (5/5), done.
Checking connectivity... done.
$
$ # clone できたかどうかディレクトリとフォルダ確認
$ ls -l
total 8
... 略 ...
drwxr-xr-x   6 oki2a24  staff   204  6 11 14:55 packer-templates
... 略 ...
$ cd packer-templates/
$ ls -al
total 40
drwxr-xr-x   6 oki2a24  staff    204  6 11 14:55 .
drwxr-xr-x+ 43 oki2a24  staff   1462  6 11 14:55 ..
drwxr-xr-x  12 oki2a24  staff    408  6 11 14:55 .git
-rw-r--r--   1 oki2a24  staff     55  6 11 14:55 .gitignore
-rw-r--r--   1 oki2a24  staff  11357  6 11 14:55 LICENSE
-rw-r--r--   1 oki2a24  staff     18  6 11 14:55 README.md
$

$ # clone できたかどうか git log を確認
$ git log --all --decorate --graph --oneline
* bbb2698 (HEAD -> master, origin/master, origin/HEAD) Initial commit
$
$ # リモートリポジトリを確認
$ git remote show
origin
$ git remote show origin
* remote origin
  Fetch URL: https://github.com/oki2a24/packer-templates.git
  Push  URL: https://github.com/oki2a24/packer-templates.git
  HEAD branch: master
  Remote branch:
    master tracked
  Local branch configured for 'git pull':
    master merges with remote master
  Local ref configured for 'git push':
    master pushes to master (up to date)
$

4. ローカルリポジトリにてブランチを作成して作業

$ git checkout -b centos-5-x86_64
Switched to a new branch 'centos-5-x86_64'
$ git log --all --decorate --graph --oneline
* bbb2698 (HEAD -> centos-5-x86_64, origin/master, origin/HEAD, master) Initial commit
$

作業終了!GitHub リモートリポジトリへ push

ローカルリポジトリでは作業完了、コミット済みの状態です。

$ # push 前の状態
$ git log --all --decorate --graph --oneline
* ea402ea (HEAD -> centos-5-x86_64) entos-5.11-x86_64のVagrantBox完成
* bbb2698 (origin/master, origin/HEAD, master) Initial commit
$ git remote show origin
$
$ # push
$ git push origin centos-5-x86_64
Username for 'https://github.com': username
Password for 'https://username@github.com':
Counting objects: 7, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (7/7), done.
Writing objects: 100% (7/7), 2.38 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 7 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/oki2a24/packer-templates.git
 * [new branch]      centos-5-x86_64 -> centos-5-x86_64
$

5. GitHub リモートリポジトリ上でローカルリポジトリの変更をマージ

ローカルリポジトリで master へマージ後、リモートリポジトリへ push して反映する方法の方が楽かと思います。

けれども、せっかくなので GitHub サイト上で master ブランチへ merge しました♪

  1. Compare & pull request
    Compare & pull request でマージを開始
  2. タイトル(コミットコメントがタイトルになる)、詳細を記入し、差分を確認して [Create pull request]
  3. This branch has no conflicts with the base branch と、競合なしにマージできることがわかる。他にも [Files changed] タブで違いを確認する。コメント部分で議論ができるのであろう。取り込みに問題がないため、[Merge pull request]
    Merge pull request で取込をすすめる
  4. マージ時にコミットを作りたいので、デフォルトの Create a merge commit のままにして、[Confirm merge]
    デフォルトの Create a merge commit のままにして、[Confirm merge]
  5. マージが成功したので、ブランチを削除する。[Delete branch]
    マージが成功したので、ブランチを削除する。[Delete branch]

これで、いつでもホスティングしたコードを利用できるようになりました♪

6. ローカルリポジトリに反映する

GitHub リモートリポジトリ上でマージしたので、その変更をローカルリポジトリへと反映し、次の開発を始められるようにします。

  1. ローカルブランチを削除
  2. リモートリポジトリを fetch

という手順が一般的と存じますが、あえて逆でやってみます。

つまり、リモートリポジトリの変更をまず取り込んでから、不要なブランチを削除して整理してみたいですの♪

$ git fetch origin
remote: Counting objects: 1, done.
remote: Total 1 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (1/1), done.
From https://github.com/oki2a24/packer-templates
   bbb2698..4878f7f  master     -> origin/master
$ git log --all --decorate --graph --oneline
*   4878f7f (origin/master, origin/HEAD) Merge pull request #1 from oki2a24/centos-5-x86_64
|\  
| * ea402ea (HEAD -> centos-5-x86_64, origin/centos-5-x86_64) entos-5.11-x86_64のVagrantBox完成
|/  
* bbb2698 (master) Initial commit
$

7. ローカルブランチを削除

$ git checkout master
Switched to branch 'master'
Your branch is behind 'origin/master' by 2 commits, and can be fast-forwarded.
  (use "git pull" to update your local branch)
$ git branch -D centos-5-x86_64
Deleted branch centos-5-x86_64 (was ea402ea).
$ git log --all --decorate --graph --oneline
*   4878f7f (origin/master, origin/HEAD) Merge pull request #1 from oki2a24/centos-5-x86_64
|\  
| * ea402ea (origin/centos-5-x86_64) entos-5.11-x86_64のVagrantBox完成
|/  
* bbb2698 (HEAD -> master) Initial commit
$

8. すでに無いはずのリモートブランチ参照を削除する

GitHub 上で削除したブランチ origin/centos-5-x86_64 が、ローカルリポジトリには残っています。

これを削除したかったのですけれども、ダメでした><。

リモートブランチとの追跡関係も(当然ですけれども)切れておりますし、放っておきますの。

$ # サーバのリモートブランチを削除しようとするも、ダメ
$ git push origin --delete centos-5-x86_64
error: unable to delete 'centos-5-x86_64': remote ref does not exist
error: failed to push some refs to 'https://github.com/oki2a24/packer-templates.git'
$ # ローカルの参照だけ削除できるのだろうか?とやってみたが、ダメ
git branch -D origin/centos-5-x86_64
error: branch 'origin/centos-5-x86_64' not found.
$
$ # どのリモートブランチを追跡しているか確認
$ git branch -vv
* master bbb2698 [origin/master: behind 2] Initial commit
$ 

9. ローカルの master ブランチの状態を、GitHub リモートブランチと同じ状態にする。

マージいたします。

$ # 取り込み先のブランチにいることを確認
$ git branch
* master
$
$ # マージ
$ git merge origin/master
Updating bbb2698..4878f7f
Fast-forward
 .gitignore                         |  3 +++
 centos-5.11-x86_64.json            | 34 ++++++++++++++++++++++++++++++++++
 centos-5.11-x86_64/anaconda-ks.cfg | 53 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 centos-5.11-x86_64/scripts.sh      | 52 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 4 files changed, 142 insertions(+)
 create mode 100644 centos-5.11-x86_64.json
 create mode 100644 centos-5.11-x86_64/anaconda-ks.cfg
 create mode 100644 centos-5.11-x86_64/scripts.sh
$ 

これで、次の開発を始められますの♪つぎは、master へマージ済みのものを push してみようかしら。

おわりに

git コマンドをよく忘れてしまいますの><。今回は次のページに助けられましたわ♪ありがとう存じます!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す