【MVC 5】【Entity Framework 】既存のデータベース・テーブルがある場合のエンティティモデルクラスの作り方

スポンサードリンク

既存のシステム、データベースの特徴

  • Entity Framework 未使用、コードファーストではない。
  • テーブルは Entity Framework のデータモデル規約の則っていない。

キーワード・ポイント

  • Entity Framework
  • Table 属性、Column 属性
  • Fluent API
  • DbContext クラスを通して DB 操作
  • Web.config の を追加することで、Entity Framework の接続も可能となる。
  • 今までの DB 接続も使い続けることが可能

エンティティ作成時のポイント

  • テーブルとエンティティとの関連は、クラス定義行の上に Table 属性を挿入して行う。
  • Table 属性にデーターベースのテーブル名を指定する。
    [Table("M_User")]
    public class User
    
  • プロパティと列との関連は、プロパティ定義行の上に Column 属性を挿入して行う。
  • Column 属性にデーターベーステーブルのカラム名を指定する。
  • プライマリキーの場合は Key 属性を追加する。
    [Key, Column("UserId")]
    public int Id { get; set; }
    
  • プロパティと列の文字列が一致する場合は Column 属性をつける必要はない。

DbContext クラス作成ポイント

  • Visual Studio 2015 から MVC 5 プロジェクトを作成し、スキャフォールディングして作成すると参考になる。

おわりに

参考


スポンサードリンク

コメントを残す