【Python3】IDLE で自分で書いたファイルを実行する方法【あまり良くない】

スポンサードリンク

ポイント

  • import file_name で Python ファイルを実行できる。
  • この時、拡張子の py は付けない。
  • ただし、この方法では一度のみしか実行できない
  • 結局、ターミナルから実行したほうが何度も確認できる。

Python3 コード

input_lines = int(input())
for i in range(input_lines):
    s = input().rstrip().split(',')
    print("hello = "+s[0]+" , world = "+s[1])

IDLE からの実行方法(Mac)

  1. ターミナル起動
  2. sample.py のあるディレクトリへ移動
  3. idle3
  4. import sample で実行
     >>> import sample
    2
    1,6
    hello = 1 , world = 6
    2,5
    hello = 2 , world = 5
     >>> import sample
     >>> 
    

おわりに

にて Python 3 コードを書いて実行する方法をまとめました。この時はターミナルから Python を実行しておりました。

今回は、IDLE からのソースコード実行方法です。

Atom で書いて、結果は IDLE で実行したい、そんな時に良さそうですわね♪・・・と思ったのですけれども、一度きりですのであまり実用性はなさそうですの><。

最後に、参考ページです♪チュートリアルは、しっかりと読むとよいことがたくさんありますわね♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す