【Python 3】【IDLE】Python コードの書き方、実行の仕方メモ

スポンサードリンク

IDLE の起動

Windows

  1. スタートメニューから IDLE を実行

Mac

  1. ターミナルで idle3 を実行

私の環境のMac では、idel (Python 2.7.10)、idle2.6 (Python 2.6.9)、idle2.7 (Python 2.7.10)、idle3 (Python 3.5.1)、idle3.5 (Python 3.5.1) が起動いたしました。

Python 3 が使用できるのは、以前 Homebrew でインストールしたからでした。

ウインドウの見た目も異なりますし、Python 3 を使っていこうと思いっておりますので、idle3 で起動いたします。

コード作成ポイント

  • Python ソースコードはどのフォルダに置いてもよい。
  • 拡張子は .py とする。
  • Python Shell メニュー > File > New File からも作成可能

コード実行ポイント

  • IDLE のエディタのメニュー > Run > Run Module から実行
  • Python Shell が立ち上がり、結果が表示される。

コードデバッグのポイント

  • ステップ実行する手順
    1. Python Shell メニュー > Debug > Debugger
    2. IDLE のエディタのメニュー > Run > Run Module から実行
  • ブレークポイントの貼り方、削除の仕方は、エディタの該当行で右クリックし、[Set Breakpoint] または [Clear Breakpoint] を選択
  • デバッグ開始すると Debug Control が立ち上がる。
    • [Stack] にチェックがあれば、上のブロックに今の実行箇所が表示される。
    • 下の Locals ブロックに変数が表示される。変数はリストの場合、一部のみしか表示されない。

おまけ。エラー対処

簡単なコードを書いていたら次のエラーとなった。

missing parentheses in call to ‘print’

これは、Python 2 での書き方を指定いたからでしたの><。

  • Python 2: print “word”
  • Python 3: print(“word”)

参考ページ

おわりに
全体的に参考にさせていただいたページです。ありがとう存じます!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す