【VirtualBox】CentOS6 インストールに NAT とホストオンリーアダプターのネットワーク設定方法まとめ

スポンサードリンク

【VirtualBox】CentOS7 をインストールして ssh 接続 (ホストオンリーアダプター確認) と yum update (NAT 確認) する – oki2a24 にて CentOS7 を VirtualBox で使う初期設定をまとめました。

今回は、同様のことを CentOS6 で行ったときのメモとなります♪

NAT 設定 (仮想マシンから ping や yum を使えるようにする)

  1. vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
  2. 次を修正
    • ONBOOT=noONBOOT=YES
  3. service network restart

修正したファイルの全体は、次のようになりましたの。

DEVICE=eth0
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
TYPE=Ethernet
UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=dhcp

設定前は、次のように ping などが使用できませんでした。

# ping 183.79.71.173
connect: Network is unreachable
#

設定後は、仮想マシンから外部へとつながったことを確認できました。

# ping 183.79.71.173
64 bytes from 183.79.71.173: icmp_seq=1 ttl=50 time=32.0 ms
64 bytes from 183.79.71.173: icmp_seq=2 ttl=50 time=31.2 ms
64 bytes from 183.79.71.173: icmp_seq=3 ttl=50 time=31.7 ms
64 bytes from 183.79.71.173: icmp_seq=4 ttl=50 time=32.3 ms
^C
--- 183.79.71.173 ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3347ms
rtt min/avg/max/mdev = 31.210/31.837/32.321/0.456 ms
#

ちなみに、yahoo の IP アドレスなのですけれども、次のページで調べることができました♪

ホストオンリーアダプター設定 (仮想マシンへ ssh 接続できるようにする)

  1. vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
  2. 次を修正
    • ONBOOT=noONBOOT=YES
    • BOOTPROTO=dhcpBOOTPROTO=static
    • 設定なし → IPADDR=192.168.56.111
  3. service network restart

IP アドレスは例えばの値となります。

VirtualBox > 環境設定 > ネットワーク > ホストオンリーネットワーク > 編集

から使用できる IP アドレスを確認しておくことが前提となりますの。

修正したファイルの全体は、次のようになりましたわ。

DEVICE=eth1
HWADDR=yy:yy:yy:yy:yy:yy
TYPE=Ethernet
UUID=yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyy
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.56.111

以上で Tera Term から仮想マシンへ ssh 接続できるようになりました!

補足。network 再起動時の表示

Determining if ip adress 192.168.56.111 is already in use for device eth1… と表示されますと仮想マシンの IP アドレス設定に失敗したかと思いましたけれども、これで問題ありませんでした。

# service network restart
Shutting down interface eth0:                              [  OK  ]
Shutting down interface eth1:                              [  OK  ]
Shutting down loopback interface:                          [  OK  ]
Bringing up loopback interface:                            [  OK  ]
Bringing up interface eth0:
Determining IP information for eth0... done.
                                                            [  OK  ]
Bringing up interface eth1: Determining if ip address 192.168.56.111 is already in use for device eth1...

#

おわりに

【CentOS 6】yum が DNS 名前解決できないエラーで使えない問題を解決【OSインストール後】 – oki2a24 で CentOS6 を VirtualBox で使ったときのトラブルについて書いたことはございました。

今回はそれよりも前の、セットアップについてまとめた投稿となります。

ネットワーク部分に絞った内容にある程度できたと存じます。

VirtualBox は使い始めが難しいですの!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す