【HHKB】Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S はじめての使用メモ

スポンサードリンク

Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S PD-KB420WS を購入しまして、使い始めました!

覚えておきたいこと、感じたことをメモいたしますの♪

製品について知るページ

使用環境

  • Windows 7 Professional 32 bit
  • 13インチMacBook Pro Retina 2012年(製品番号 Z0N4)
  • OS X EL Capitan バージョン 10.11.3

セットアップ

  1. 電源のついた PC に HHKB をつなげた。
  2. ドライバが自動的にインストールされた。
  3. 使用可能になった。

背面の DIP スイッチはデフォルト (すべてオフ) のままとした。

感じたことや操作メモ、1 日目 (2016年1月20日)

  • 右下の滑り止めだけ滑る。。。奥方向に HHKB が押されると、反時計回りに回ってしまう。。。
  • [Delete] 操作: 親指で右 [Fn] + [←]
  • 右 [Fn] キーの場所は、右手を右にずらしていき、[Fn] キーと [←] キーの隙間を感知した左側
  • [半角/全角] キーの場所は、左手小指を左下へずらし、[Fn] キーと [HH] デザインキーの隙間を感知した右側。押し辛い。。。

感じたことや操作メモ、2 日目

  • USB ケーブルは付属のものでなくても使用できた。デジタルカメラと PC をつなぐ USB ケーブルで HHKB と PC をつないでみたか問題なく動いた。
  • ドライバがインストールされていない USB ポートに接続しても BIOS パスワード、Windows パスワードともに HHKB から入力できた。ログイン後、ドライバがインストールされた。
  • フェイスタオルをリストレストとして敷いてみた。2 つ折りにして端を開き、端から 1/4 に HHKB を置く。手元のタオルを HHKB 側に折る。
  • キーボードが新しくなって、あらためてブラインドタッチ (タッチタイピング) しようという気になった。数字や記号周りができない。
  • [6] を右人差し指で押すのが辛い。これは HHKB 固有の問題ではなく、以前から。
  • ネットで調べると、やはり、[6] は右人差し指で押すのが一般的なようだ。そんな中、左人差し指で [6] を押している図を紹介しているページがあった。
    ブラインドタッチを覚えよう
  • [Control] + [S] の押し方。左手をホームポジションに置く。特に、人差し指を [F] にしっくりかりと置く。小指だけ [Control] へずらし、薬指で [S] を押す。ダメだったのは、左手全体を [Control] にずらしてから [S] を探すやり方。誤操作が頻発した><。

感じたことや操作メモ、3 日目

  • HHKB キーボード画像を印刷してチートシートとして使うことにした。
  • 右 [Fn] が使いづらい。右親指で押しているのが悪いのか?近くに専用矢印キーもあるし、[Fn] を使用した矢印キー操作は止めるか?と思ったが次の方法で使えそう。
  • 左小指で左 [Fn] + 矢印相当キーでの移動が便利。右小指ホームポジションの [;] が [Fn] 組み合わせで [←] となることを意識すると使いやすい。
  • 左小指 [Fn] + [;] による左移動が特に便利。数文字左に戻りたいときに、ホームポジションから動かすのは左小指だけで済むから。

感じたことや操作メモ、4 日目

  • Mac の BootCamp の Windows10 Pro 64 bit で HHKB 使用すると、[HH] デザインキーが [半角/全角] として機能しない。
  • [↑\↓] デザインキーが [半角] キーとして機能した。 [半角/全角] キーでは無いので注意。
  • [Kana] デザインキーは [かな] として機能した。
  • [↑=↓] デザインキーは [前候補・変換] キーとして機能しない。
  • [無変換]、[前候補・変換] キーがどこに行ったのか、不明。

以上のことが起きましたけれども、後ほど以前に Google 日本語入力の設定を変更していたことを思い出しました。これの影響ですわね。

感じたことや操作メモ、5 日目

  • 打鍵音が大きくてうるさいと感じたので、パームレストとして使っていたフェイスタオルを HHKB の大きさにたたんでしたに敷いたところ、音を抑えることができた。
  • 手がホームポジションにないときは、移動を矢印キーで行うと便利なことが多い。今までと同じ使用方法なため、意識がそちらにまず行ってしまうだけなのかもしれない。
  • 手がホームポジションにあるときは、左 [Fn] + 矢印相当キーでの移動が早い。左と下は覚えやすく、一方で右は少しひっかかり、上は苦労することが多い。時間が経てばスムースに使えるようになると信じたい。

感じたことや操作メモ、6 日目

  • Vim を使ってみたところ、混乱していたのか以前よりも使えなくなっていた。[Control] + [[] による [Esc] がスッと押せなかった。なぜか左 [Fn] を押していて、[Fn] という新しいキーに慣れることが HHKB を使いこなすための壁の 1 つではないかと感じた。
  • [Control] + [V] を押そうとして、誤って [B] を押してしまう。。。手元の環境のサクラエディタを使っていると、[Control] + [B] で Vim が起動してしまうのでギョッとした。。。[Control] の位置が変わったこともあり、左手下段のタイプ方法をあらためて見直す必要を感じた。まだまだ練習が足りない。

感じたことや操作メモ、7 日目

  • 右 [Control] は、[Fn] + [->] となる。 VirtualBox で仮想マシンから戻ってくるときに右 [Control] が HHKB には無いので焦った。
  • [[] キー、[@] キーをよく間違える。特に Vim での [Control] + [[] によるエスケープが押せない。また [Fn] + [@] による上移動が押せない。
  • パームレスト改善。フェイスタオルの 1/8 の位置に HHKB を置き、残りを 1/8 サイズに折りたたんでパームレストにする。今使用しているタオルは一番下段のキーの半分以上の位置にタオルの上側が着ている。手を乗せるとタオルが少し沈んでちょうどよいかもしれない。

感じたことや操作メモ、8 日目

タッチタイピング (ブラインドタッチ) について。

  • タッチタイピングレイン集に、キートップを付け替えるのはどうか?というアイデアを思いついたが、そもそもキーボードを見てはいけないのだからあまり意味は無いかも。。。
  • 右小指の数字、どちらの人差し指でも距離が同じな [6]、[B]、右小指の数字近辺が打つのに迷う。
  • Vol.3123: PFU HHKB タイピングマスター練習用 ホームポジション配列 | ほず日記
  • タッチタイピングのホームポジションの図。以前のものと比べ、こちらが圧倒的に一般的
  • 3 日めに印刷した HHKB のチートシートにホームポジションの色を塗った。小指がとても多い。スペースキーのある段はどう塗り分けたらよいか、迷い中。

感じたことや操作メモ、9 日目

  • パームレストにしているフェイスタオルで包んでかばんに入れると持ち運ぶのに調度良かった。キーも潰れないように入れられた。

感じたことや操作メモ、10 日目

感じたことや操作メモ、11 日目

感じたことや操作メモ、12 日目

  • サクラエディタなどでファイルの先頭に移動する時、[Control] + [Home] が押せない。[Control] + [Fn] + [K] を押せば良いのだが、[Home] = [Fn] + [K] が身についていない。面白いのは、ただキーの場所を迷うのではなくファイル先頭に移動するときのショートカットキーそのものを忘れてしまっているということ。既に考えずに打鍵できている操作を覚えなおしているため苦労する、ということなのだと思う。
  • パームレストのフェイスタオル、キーボードを置く位置は端から 1/8 で変更なし。腕を置く部分のタオルを畳むのではなく、丸めてみた。キーボードよりも高くなったが、試してみようと思う。
  • これは覚えたい!素晴らしいショートカットキー。今まではファンクションキーを使っていたが、HHKB では使いづらい。そもそも遠いためこちらに切り替えるようにしよう。
キー 操作
[Control] + I 全角カタカナ変換([F7] と同様)
[Control] + O 半角カタカナ変換([F8] と同様)
[Control] + P 全角英数変換([F9] と同様)(再度押しで小・大文字変換)
[Control] + I 半角英数変換([F10] と同様)(再度押しで小・大文字変換)

感じたことや操作メモ、16 日目

  • ELECOM モバイル mini USB ケーブル USB-MBM5 で PC と HHKB をつなぐようにした。HHKB 側の mini-B 接続部分が L 字に曲がっているのが特徴。ケーブルの長さが10 cm と短い。以上の 2 点から、PC の前面に USB 端子がある場合はより PC に近づけて使用できるようになる。
  • タオルを机に敷かないで、つまりパームレスト無しの状態で操作してみた。
    • 高音が響くようになり、総じて打鍵音が大きくなった。タオル 1 枚敷くだけで高音が抑えられ、より静かになる。
    • 姿勢も少し変えた。肘はテーブルから浮かせ、手首が曲がらないように HHKB に置く手と腕が一直線となる姿勢とした。
      参考 → タイピング練習 姿勢 指の構え方
  • 小文字、ぁぃぅぇぉゃゅょっ、の打ち方を知った。このページで紹介している [L] + [A] など入力方法は [L] がホームポジションの右薬指で打てるため、[X] + [A] など [X] と組み合わせるよりも手を動かす必要がなく、優れている。

感じたことや操作メモ、18 日目

リンク集

HHKB について調べていますと、たくさんのページが見つかりました。興味深いページやサイトを残しておきますの♪

おわりに

HHKB についてインターネットで調べておりますと、古い時代から最近まで長い期間にわたって紹介され、そして愛されております。

このようなキーボードをわたくしたちも使いはじめることができて、嬉しく存じます。

大事に使っていきますわ♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す