【Windows】右クリックコンテキストメニューの [Open with Code] などを削除する方法

スポンサードリンク

経緯とやりたいこと

以前インストールした Visual Studio Code。

アンインストールしても右クリック時の [Open with Code] が消えておりませんでした><。

試しに実行してみると、[アプリケーションが見つかりません] とエラーとなりましたの。

久しぶりに使ってみようと思ったこともあり、再インストールすれば上書きされて有効になるかしらと思いました。ところが、[Open with Code] がもうひとつ増えただけでしたわ><。

不要な [Open with Code] を削除したいですの!

環境

  • Windows 7 Professional 32 bit

手順

  1. [Windows キー] + R > [regedit] でレジストリ エディター起動
  2. [編集] > [検索] から、[Open with Code] で検索
  3. ヒットした次を削除していく。
    • コンピューター¥HKEY_CLASSES_ROOT¥*¥shell¥Ticino
    • コンピューター¥HKEY_CLASSES_ROOT¥directory¥background¥shell¥Ticino
    • コンピューター¥HKEY_CLASSES_ROOT¥directory¥shell¥Ticino
  4. 検索結果ひとつずつに対して、次の手順でバックアップと削除を行う。
    1. ウインドウ左側のフォルダを右クリック > エクスポート。ファイル名は、パスから ¥ と * を抜いたものとした。
    2. ウインドウ左側のフォルダを右クリック > [削除] > [このキーとそのサブキーをすべて完全に削除しますか?] と表示されるので、[はい]

以上で、右クリックのコンテキストメニューから [Open with Code] がひとつ消え、残ったメニューからは Visual Studio Code を立ち上げることができるようになりました。

なお、パソコンの再起動は行う必要はありませんでしたの。

補足1. レジストリ エディターをさわって気がついたこと

  • レジストリ エディターで検索すると、それぞれの Ticino の次に VSCode というレジストリキーもヒットした。これは Visual Studio Code を再インストールして、もうひとつ増えたコンテキストメニューに該当する。よって消さない。
  • Ticino というのは、Visual Studio Code 公開当初の名前で、時が経って VSCode になったのだと思う。
  • レジストリ エディターで検索すると、[コンピューター¥HKEY_CURRENT_USER] 下および [コンピューター¥HKEY_USERS] 下に同様のキーがヒットした。これは削除対象としない。HKEY_CLASSES_ROOT のキーを削除すると、これらも自動的に削除されるため。

補足2. Atom のコンテキストメニューもエラーとなっていたが簡単に修正できた。

[Open with Atom] も同様にエラーとなっておりました><。直したいですの!

これは、Atom を上書きインストールしましたら、あっさりと直ってしまいました♪

なお、再インストールしても、パッケージや style.less はリセットされず、そのまま継続して使用することができました♪

おわりに

次のページが参考になりました!ありがとう存じます!

レジストリをいじるのは危険!ということを以前から聞いておりました。試してみましたら、自分の納得できる範囲で的確に編集操作ができて、嬉しく存じました♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す