2015年冬。生パスタ麺作り2。パスタマシンで麺にするまで

スポンサードリンク

やること

材料・器具

  • パスタの種 1.5 kg
  • 片栗粉
  • パスタマシン (ATLAS 150 wellness)
  • キッチンポリ袋
  • 麺棒
  • 包丁
  • まな板

作り方

  1. パスタの種を 8 等分にカットし、麺棒で 8 mm 以下に伸ばしてパスタマシンに入るようにする。
  2. 伸ばした麺帯はキッチンポリ袋に入れておき、乾燥を防ぐ。
  3. 麺帯をパスタマシンのローラーに通して 2 つ折にしてまた通して揉み込む。これを 5 ~ 6 回繰り返し麺帯を均一にする。
  4. 麺帯を麺の長さにカットする。切った麺帯をパスタマシンのカッターに通す。
  5. ポリ袋に入れ、打ち粉と絡めて麺がお互いに引っ付かないようにする。

調理メモ

  • ATLAS のパスタマシンは、ローラーの作りが弱い。
  • 麺帯を伸ばすときは、1 → 2 とローラーにかけて薄くしてから折りたたみ、それから 1 のローラーにかけるようにする。ローラーに負荷をできるだけかけないようにする。
  • 約 2 時間かかった。

おわりに

ATLAS 150 wellness は 2 台目ですの。1 台目は確か20 〜 30 回ほど使いましたらローラーが回らなくなってしまいました。

今、その時と同じような過程をたどっておりますの。。。ローラーのハンドルを回すたびにコトコト引っかかる手応えと音がいたします。

あと何回使えるかしら。優しく使いたいですわ。

普段麺棒を使いませんのでタネを伸ばして麺帯にするだけで手が痛くなってしまいます。

また、ローラーやカット作業でも、結構体を動かしますので暑くなってしまいます。

いい運動になりますの♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す