無線LANルーター「AtermWR8150N」の 2 つのアクセスポイントの違いが判明!

スポンサードリンク

無線 LAN ルーター「AtermWR8150N」は、1 つのルーターに 2 つの Wi-Fi アクセスポイントがございます。

どちらにアクセスするかによって、動作が変わるポイントを発見いたしました♪

やりたいことを実現しようとした時に、このポイントでつまづいておりました><ので、しっかりとメモして残しておきますわ!

無線 LAN ルーター「AtermWR8150N」の 2 つのアクセスポイントの違い

次の 2 つのアクセスポイントがあると仮定いたします。

  1. WARPSTAR-111AAA
  2. WARPSTAR-111AAA-W

次のことがわかりました。

    1. も 2. もインターネットにつながる。
  • ルーターやネットワーク内の他の PC などの機器にアクセスできるのが 1. で、一方、ネットワーク内の他の機器に接続できないのが 2.

おわりに

Windows10 の IIS を有効にして外部からアクセスしようとして繋がらなかったのを調査していて気がつきました。

本投稿の内容は、一般的なことなのかしら?少し気になりますの♪

なお、AtermWR8150N は現在販売終了しているようですわ。

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す