【Mac】brew cask 管理下アプリのアップデート時の挙動

スポンサードリンク

2015年12月11日時点での動きですの。紛らわしく、あまりよいとは感じられません><。

ですので、少しでも整理しようと存じます。

brew cask アプリのアップデートポイント

  • brew cask 下でずっとアプリを管理したい場合は、アップデートは brew cask uninstall XXXXX && brew cask install XXXXX で行う。アプリの設定はおそらく消える。
  • brew cask 管理を外れてもよい場合は、アップデートはアプリメニューの「アップデートを確認」などから行う。brew cask uninstall XXXXX はエラーとなり削除できなくなる。

もう少し具体的に、詳しく

  • 何も起こらない。brew update と同じため。
    brew cask update
  • 別のディレクトリ (バージョン番号が名前になる) が作成されインストールされる。上書きされない。古いディレクトリは残る。
    brew cask install XXXXX
    brew cask install —force XXXXX

    • brew cask uninstall すると最新のバージョンのみ削除される。
    • つまり古いディレクトリは永遠に残る。手動で削除する。
    • また、Firefox では Spotlight にアップデート前も後も両方のバージョンが表示された。
  • 現在のバージョンは削除してアップデート。ディレクトリごと削除するため、アプリによってはアプリの設定もリセットされるのだと思う。
    brew cask uninstall XXXXX && brew cask install XXXXX
  • アプリからアップデートすると、brew cask uninstall できなくなった。Atom と Evernote でそうなった。
$ brew cask install atom
$ # Atom 起動して、アプリからアップデート
$ brew cask uninstall atom
Error: atom is not installed
$

おわりに

brew cask を使うと、OS クリーンインストール時などにインストールが大変楽になります♪

ですけれども代わりに、アップデートで問題が起きてしまいました><。その際、次のページが参考になりました!ありがとう存じます♪

悩まないでパッケージ管理したいものですわね。。。


スポンサードリンク

コメントを残す