【Excel VBA】「実行時エラー ‘1004’: Range クラスの Select メソッドが失敗しました。」への対処!

スポンサードリンク

エラー再現手順

  1. Sheet2 を表示
  2. 標準モジュールで VBA を実行
  3. Worksheets(“Sheet1”).Range(“A1”).Select で次のエラー発生

実行時エラー ‘1004’: Range クラスの Select メソッドが失敗しました。

エラー再現エクセル・VBA コード

  • エクセルにシートを2つ用意する。「Sheet1」「Sheet2」
  • VBA では、標準モジュールを挿入してそこにコードを書く。
    Option Explicit
    
    Sub Test()
        Worksheets("Sheet1").Range("A1").Select
    End Sub
    

修正 VBA コード

  • Worksheets.Activate メソッドを Select の前に実行すればよい。
Option Explicit

Sub Test()
    Worksheets("Sheet1").Activate
    Worksheets("Sheet1").Range("A1").Select
End Sub

“【Excel VBA】「実行時エラー ‘1004’: Range クラスの Select メソッドが失敗しました。」への対処!” の続きを読む

【ASP.NET MVC5】Identity 2 をベースにした、ユーザー情報を DB に持つ独自の認証プロジェクトのチュートリアル

2016年8月18日11時12分追記: ソリューション全体をアップロードしました。

Identity をカスタマイズした独自の認証を持ったサンプルのアプリを作ってみました。Identity の拡張方法の習得を目標に、それ以外はシンプルに、あまりこだわらないようしております。

構築(勉強)の仕方

Visual Studio 2015 でプロジェクトを作成するときに認証処理を追加するように選択することができます。そうしますと、Identity を使用した認証ロジックと、ユーザーやロールを管理するデータベーステーブルが予め作られます。

このファイルやコードが大変参考になります。

そこで、ファイルの構成はプロジェクト生成時に自動作成される認証のあり方に近づけます。

コードの振る舞いや、内容の理解、実際に書くコードの内容は、参考ウェブページをお手本にいたします。

“【ASP.NET MVC5】Identity 2 をベースにした、ユーザー情報を DB に持つ独自の認証プロジェクトのチュートリアル” の続きを読む


スポンサードリンク

【Excel VBA】文字列の Date 型への変換判定、変換、年月日時分秒の取り出しコード♪

ポイント

  • 年月日を指定せずに時分秒のみを文字列指定した場合に Date へ変換すると、年: 1899、月: 12、日: 30、となる。
  • day 関数のみ、なぜか小文字からはじまる。

VBA コード

Option Explicit

Sub test()
  Dim s As String
  s = "2015/11/23 16:43"

  ' Date 型への変換判定
  Debug.Print IsDate(s)

  ' Date 型への変換
  Dim d As Date
  d = CDate(s)

  ' Date から年月日時分秒の取り出し
  Debug.Print Year(d)
  Debug.Print Month(d)
  Debug.Print day(d)
  Debug.Print Hour(d)
  Debug.Print Minute(d)
  Debug.Print Second(d)
End Sub

“【Excel VBA】文字列の Date 型への変換判定、変換、年月日時分秒の取り出しコード♪” の続きを読む

【年賀状】はがきデザインキット[ウェブ版]の使用感メモ♪

年賀状作成の使用アプリ

アプリ特徴

  • 画像のアップロード可能
  • テキストの挿入、用意された画像素材の挿入可能
  • 画像、テキスト、素材オブジェクトは拡大・縮小、回転が可能
  • テキストは、フォント、色、配置、組(縦書き横書き)も変更可能
  • オブジェクトの移動はマウスのみでキーボードは使えない。
  • オブジェクトを左揃えにするような操作はできない。
  • ウェブ上に編集中のデザインを保存可能。保存は毎回新規に作られる。上書き保存ではない。
  • 保存したデザインから、注文、編集、jpg 画像としてダウンロード、削除が可能
  • ダウンロードした画像は、660 KB、1181 x 1748 px、DPI 72 ピクセル / インチ

追記。注文してみての感想

  • 宛名印刷なしと、宛名印刷ありを同時に注文することができなくて不便
  • 宛名を選ぶときに、一括選択できず、ひとつひとつ選択しなければならないのが不便
  • 宛名面、デザイン面のプレビューを宛名ごとに確認できるのがとてもよい
  • 価格。119.3円/枚。去年は117円/枚だったので、あまり変わらない。

価格

  • 注文方法: 自宅配送
  • 宛名印刷: あり
  • 枚数:53枚

印刷代 普通紙 × 53枚 : 4134円
はがき代 × 53枚 : 2756円
小計 6890円
※「まとめ割」は、すべてのご注文の印刷代総計からの割引となります
※プレミアムテンプレートは「まとめ割」の対象外になります
配送料(全国一律) : 650円
まとめ割(30%OFF)* × 53枚 : -1219円
合計金額 6321円

“【年賀状】はがきデザインキット[ウェブ版]の使用感メモ♪” の続きを読む

【Excel VBA】重複しないリスト作成や、要素が 1 種類のみかどうかを判定するコード!

重複なしのリストは、VBA の辞書オブジェクトの Key を使用することで実現可能ですの!

今回はそのコードを書くときに使えるテクニックですわ♪

応用すれば、要素が 1 種類のみかどうかを判定するチェックにも使ますわね。

ポイント

  • objDictionary.Add Key:=keyValue, item:=itemValue という形だと、Key が重複した場合に実行時エラーとなる。
    「実行時エラー ‘457’ このキーは既にこのコレクションの要素に割り当てられています。」
  • このエラーを避けるには、objDictionary.Exists(keyValue) で重複チェックが必要。
  • objDictionary(keyValue) = itemValue と書けば、既存のキーであっても上書きするのでエラーとならない。

“【Excel VBA】重複しないリスト作成や、要素が 1 種類のみかどうかを判定するコード!” の続きを読む

【Excel VBA】配列やコレクションの定数クラスを用意するコード♪

追記。改善版を投稿しました!抽象度を上げ、よりシンプルになりましたの♪


ポイント

  • 標準モジュールでは、Const は定義できるが、Const で配列を定義できない。
  • クラスモジュールでは、Const を定義できないが、コンストラクタで値をセットしてゲッターから取り出すようにすることで Const のような配列を定義できる。
  • したがって、様々なパターンの定数を網羅するには、標準モジュールで 1 つ、クラスモジュールで 1 つの、合計 2 つの定数用ファイルを用意する必要がある。
  • Excel 2013 で試した。
  • ファイル名に「Const」が使用できないことを考慮し、「ConstM」「CstM」や、「ConstC」「CstC」といったファイル名を付けると良いのではないかと思う。

経緯

“【Excel VBA】配列やコレクションの定数クラスを用意するコード♪” の続きを読む

【Excel VBA】オブジェクトがブーリアンに変換可能か判定するコード!

ポイント

  • VBA には対象オブジェクトがブーリアンに変換可能か確かめられるプロシージャを見つけられなかった。。。
  • 引数をブーリアン型へ変換する CBol プロシージャを使い、確かめる方法を採った。
  • 変換できれば 「True」を返す。
  • 変換できなければエラーを発生させるので、それをキャッチして変換できなかった結果「False」を返す。
  • 例外を判定に使うのは、例外の本来の用途の観点から、本当は採用したくなかった。。。

VBA コード

Option Explicit

' オブジェクトがブーリアンかどうかを確かめる。
Sub Test()
  If IsBoolean("False") Then
    Debug.Print "Boolean!"
  Else
    Debug.Print "Not Boolean><"
  End If
End Sub

''' <summary>
''' 引数がブーリアンに変換可能か判定します。
''' </summary>
''' <param name="vntTarget">判定対象オブジェクト</param>
''' <returns>ブーリアンに変換可能な場合は True、そうでない場合は False</returns>
Private Function IsBoolean(ByVal vntTarget As Variant)
  On Error GoTo ErrorHandler

  Dim blnCheck As Boolean
  blnCheck = CBool(vntTarget)
  IsBoolean = True
  Exit Function

ErrorHandler:
  IsBoolean = False
End Function

“【Excel VBA】オブジェクトがブーリアンに変換可能か判定するコード!” の続きを読む

【Excel VBA】現在年月日時分秒文字列を yyyyMMddHHmmss 形式で得るコード♪

ポイント・気がついたこと

  • yyyy → 4桁の年
  • mm → 2桁の月
  • dd → 2桁の日にち
  • hh → 2桁の時
  • nn → 2桁の分
  • ss → 2桁の秒
  • Excel 2013 で試したが、yyyyMMddHHmmss、yyyymmddhhmmss、の結果が同じだった。最初の MM は月で、次の mm は時間。大文字小文字が変わっても、月と時間が正しく表示された。なぜ?

VBA コード

Sub Test()
    Dim strNow As String
    strNow = Format(Now, "yyyymmddhhnnss")
    Debug.Print strNow
End Sub

“【Excel VBA】現在年月日時分秒文字列を yyyyMMddHHmmss 形式で得るコード♪” の続きを読む

【Excel VBA】特定の ActiveWorkbook.Names (Names オブジェクト) を削除するコード!

の派生版ですの!

引数に Names オブジェクトの一部を渡すと、その文字列を含む Names オブジェクトをすべて削除するプロシージャを書きましたのでノートいたします♪

ActiveWorkbook.Names のポイント

  • Names オブジェクトは、セルやセル範囲に付けられる名前を指す。
  • Excel 2013 では、数式 > 名前の管理、で開いたウインドウの「名前」にあたる。
  • ActiveWorkbook.Names(1).Delete や ActiveWorkbook.Names(“名前”).Delete で削除可能
  • 名前指定で削除する場合は、シート名を含めないと一致せず、その結果削除できない場合があるので注意。
  • シート名を含めた Names オブジェクトの Name プロパティは、「シート名!名前」というフォーマットで格納されている。

“【Excel VBA】特定の ActiveWorkbook.Names (Names オブジェクト) を削除するコード!” の続きを読む

【Excel VBA】Range の情報を取得する方法整理!

ポイント

  • フィルタ結果が飛び地(歯抜け、複数のセル領域)となり、その可視部分を Range として取得した場合、複雑な結果が得られる。
  • 飛び地可視部分を取得したコードは Range.SpecialCells(xlCellTypeVisible)
  • 飛び地のセルを Range に含めた場合、それぞれのセル範囲の Range が作られる。
  • 飛び地は Areas プロパティの中に含まれるようになる。
  • Range のプロパティメンバとして Areas があり、Areas のプロパティメンバとして飛び地の Range が含まれる。
  • Areas 内の Range のインデックスは 1 から始まる。
  • 飛び地の Range の数は Areas.Count で取得できる。
  • 飛び地の Range は Range.Areas(n) で取得できる。
  • Union 関数を使用して複数の Range を統合した変数は、フィルタ結果が飛び地の可視部分の Range を取得した時の構造と同じ。

以上のことに気がついたわけですけれども、それを学習できたコードを残しておきますの♪

“【Excel VBA】Range の情報を取得する方法整理!” の続きを読む