【Mac】Node.js で静的 HTML ウェブサーバだけをお手軽簡単に使う方法

スポンサードリンク

コマンド

# npm の serve インストール
npm install --global serve
# 確認
serve --version
# 静的ウェブサーバ起ち上げ(ドキュメントルートに予め移動しておく)
serve
# ポート番号を指定(たとえば 3333)して、静的ウェブサーバ起ち上げ
serve -p 3333

Yeoman を使うほどでもなく、ウェブで探したサンプル HTML、CSS、JavaScript を試したい、といった時に役に立ちますわ♪

serve インストール・確認

インストールログは次のようになりました。

$ npm install --global serve
/usr/local/bin/serve -> /usr/local/lib/node_modules/serve/bin/serve
serve@1.4.0 /usr/local/lib/node_modules/serve
├── commander@0.6.1
├── connect@2.3.9 (fresh@0.1.0, bytes@0.1.0, cookie@0.0.4, crc@0.2.0, qs@0.4.2, debug@2.2.0, formidable@1.0.11, send@0.0.3)
├── stylus@0.52.0 (css-parse@1.7.0, mkdirp@0.5.1, debug@2.2.0, source-map@0.1.43, sax@0.5.8, glob@3.2.11)
├── jade@1.11.0 (character-parser@1.2.1, void-elements@2.0.1, commander@2.6.0, mkdirp@0.5.1, jstransformer@0.0.2, constantinople@3.0.2, with@4.0.3, clean-css@3.3.9, transformers@2.1.0, uglify-js@2.4.24)
└── less-middleware@2.0.1 (mkdirp@0.5.1, node.extend@1.1.5, less@2.4.0)
$

インストールできたかどうかは、バージョン確認で行います。

$ serve --version
1.4.0
$

serve コマンドで HTML 静的ウェブサーバを起ち上げる

$ cd document/root/path/
$ serve

初回は、ネットワーク通信の許可を求めるウインドウが表示されますので「許可」を選択いたします。

「アプリケーション"node"へのネットワーク受診接続を許可しますか?」と表示されるので「許可」を選択

そうしますと、

serving /Users/XXXXXXXXXX/document/root/path on port 3000

などと表示されますので、同じポート番号、今回は 3000 で次の URL でウェブブラウザからアクセスいたします。

  • http://localhost:3000/

そうしますと、次のようにアクセス種類、かかった時間などが表示されました。

GET / 200 18ms - 1.63kb

おわりに

Node.js で Yeoman を使ってプロジェクトを作り、そのままウェブサーバを起ち上げてデバッグもできる、至れり尽くせりだと感じました。

その中で、ふと、ウェブサーバだけ切り出して使えるのではないかと思ったのです。

調べてみますと確かにございました!ありがとう存じます!

このページを最後まで読んでいきますと、コメント欄にもっと簡単な使用方法がございました。今回ノートしましたのはその方法でございます。

なお、本家本元は次のページです。

気楽に、ウェブサーバを起ち上げていきたいですの♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す