【Windwos 7】Android Studio で使用する JDK バージョンアップ方法

スポンサードリンク

JDK バージョンアップの手順

jdk1.7.0_75 から jdk1.7.0_79 へアップデートすると想定いたします。

  1. jdk で検索して、Java SE Development Kit 7 Downloads から最新版をダウンロード、インストールした。
  2. Windows のシステム環境変数 JAVA_HOME の値を修正
    C:¥Program Files¥Java¥jdk1.7.0¥75

    C:¥Program Files¥Java¥jdk1.7.0¥79
  3. Android Studio を起ち上げて、Close Project
    Configure > Project Defaults > Project Structure
    JDK location を修正
    C:¥Program Files¥Java¥jdk1.7.0¥75

    C:¥Program Files¥Java¥jdk1.7.0¥79
  4. 適当にプロジェクトを開き、File > Project Structure… で JDK location が「C:¥Program Files¥Java¥jdk1.7.0¥79」であることを確認
  5. もう不要なら、jdk1.7.0_75 をアンインストールする。

最後に不要なら古い JDK をアンインストールしておりますけれども、この判断基準は新しいバージョンで動作確認ができたら、とわたくしたちは決めていますの♪

おわりに

補足となります。

  • JDK は複数のバージョンを同時にインストール可能
  • CPU バージョンのインストールが推奨されている。PSU バージョンは非推奨。
    たとえば、Java CPU (7u79) と PSU (7u80) リリースでは、CPU の 7u79 (jdk1.7.0_79) のインストールが推奨されている。
  • 今回の方法は、Android Studio でなくとも、Java SE Development Kit をアップデートしたい場合に役に立つ。

さらに補足すると、CPU バージョンの推奨は、ダウンロードページの次の記載から読み取っていますの♪

What is the difference between a Java CPU (7u79) and PSU (7u80) release?
Java SE Critical Patch Updates (CPU) contain fixes to security vulnerabilities and critical bug fixes. Oracle strongly recommends that all Java SE users upgrade to the latest CPU releases as they are made available. Most user should choose this release.
Java SE Patch Set Updates (PSU) contain all of the security fixes in the CPUs released up to that version, as well as additional non-critical fixes. Java PSU releases should only be used if you are being impacted by one of the additional bugs fixed in that version.

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す