帝王切開で出産した方の3日目の感想。お腹痛いけど赤ちゃんのお世話も始まりました。

スポンサードリンク

帝王切開で出産した方の2日目の感想。麻酔が切れて痛い>< | oki2a24 の続きですわ♪帝王切開での出産から2日目、入院は3日目のお話をお聞きしました。

産後2日目入院3日目の午前

07:30 体温を計った。36.34 ℃

08:15 痛み止め飲んだ。カロナール錠。

09:00 宿泊した夫、一度家に帰ってシャワー。ビニール袋、頼まれたチョコレートを持って再び病院へ。

その間に助産師さんから聞いたこと。

ナースコールではなく、内線を使ってスタッフと連絡をとるように。トイレ回数を数えること。昼ごはんの後、体温測ること。13:00、16:00、19:00 にスタッフが赤ちゃんを連れてくるので母乳をあげる予定。

11:00 夫が病院に戻ってきた。

11:45 お昼ごはん

12:05 痛み止め飲んで、体温を測り、36.83 ℃だった。

出産時にへその緒をもらった。紐というよりは薄い板のように見える。白い粉がまぶしてあって、紙に包まれて袋に入っている。

さいのう箱には紙から剥がして入れるとよいのだろうか?白い粉は何だろうか?

医療スタッフに聞いてみると、白い粉は乾燥剤。素手で触っても悪影響なし。さいのう箱には包み紙は入れない、へその緒だけを入れる、とのことだった。

午後にあったこと

13:40 授乳。赤ちゃん疲れてきて途中でおっぱいから口を離して休憩していた。

14:00 くらい。食事の説明。今までは入院部屋で食事を摂っていたが明日の朝からレストランで。移動できそうか尋ねられ、行く、と返答。今晩も泊まる予定の夫も朝食(860円)に付き添うことにした。

14:20 新しい痛み止めを処方してもらった。1回1錠、1日3回までと考えるが、厳密には1日100mgまでとのこと。つまり朝昼晩寝る前、の4回に分けて飲んで良い。4時間は間隔空ける必要あり。飲んで30分くらい経つと落ち着いてくる人が多い。喘息誘発することがあるのでゼイゼイなったりしたらスタッフに言うこと。

18:20 夕食中からお腹が痛くなり始めた。傷以外に、胃が痛い。吐きそうな気分になる。手術や出産によるダメージが、子宮に直接だけでなく、周りの胃や腸にも広がっているのだろうか。

起こしたベッドに横になる姿勢で大分楽になった。次から部屋で食べるときは横になった状態で食べ始めるようにしてみよう。

18:25 新しい痛み止め飲み始め。

19:00 点滴、これが最後の点滴。

スタッフに質問。

Q 授乳間隔は、3時間ごとくらいとのことだが、赤ちゃんが起きない場合はそのまま?起こす?

A あえて起こしているとのこと。おむつチェック、背中をさするなどでだいたい起きる。起きないなら様子見。

Q 入院1週間前に目の前もやもやしたが、これは飛蚊症?今はない。血圧高くなるのと関係ある?目の前チカチカはしない。

A そういう人もいて、一時的な場合が多い。症状が続いたり、頭が痛くなったりしたら言ってください。

19:35 赤ちゃん泣き出す。おむつチェック問題なしだったので、授乳。ベッドに上体起こした状態の体制で、辛かった。

20:35 泣き出す。おむつチェック問題なし。間隔は3時間も空いていないが、授乳した。

21:00 赤ちゃんをナースステーションに預けた。

22:30 痛み止め飲んで、就寝。

この日にもらった書類で気になったもの

出生届をもらった。出生証明書と一体になっていることに初めて気がついた。

出生届に関して、次のメモをもらった。次にしたほうが良い行動が書かれていて、嬉しかった。

お母さまへ
赤ちゃんが生まれたら

  1. 名前を考えて

  2. 2週間以内に出生届を区役所・役場へ

  3. 健康保険証に(扶養)加入。

  4. 3を持って、区役所・役場へ行き、乳幼児医療費助成(乳)の手続をしてください

おわりに

お腹の傷みが残りながらも、徐々に退院、そして新しい生活に向けて動いていっている様子が伺えて、不安と希望が入り混じった印象を抱きました。

次は

に続きます。

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す