【Sophos】【Mac】CentOS6 をダウンロードするためにウイルスソフト設定を一時的に変更しました♪

スポンサードリンク

やりたかったこと!でもできなかった状況><

  • VirtualBox に CentOS6 をインストールしたい
  • Mac の端末で CentOS6 の ISO イメージをダウンロードしたい
  • ちなみに、サイズは 4.2 GB ほど
  • Google Chrome で CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD1.iso をダウンロードしようとした

ところが、次のような症状が出て、ダウンロードができませんでした><。

  • ダウンロード開始して数分後、ダウンロードのデータ受信が進まなくなった。
  • Chrome や Safari でウェブページの表示ができなくなった。

その1.Sophos Anti-Virus の設定変更内容。

Mac のウイルス対策ソフトとして、Mac 用の Sophos Anti-Virus を使用しております。

この Sophos の Web スキャン設定を一時的に変更いたしました。

スクリーンショット 2014-08-23 15.20.51.png

  1. Sophos Anti-Virus の環境設定 > Web スキャン > 一般
  2. 「Web サイトの悪意のあるファイルのダウンロードをブロックします。これにより、難読化された、ポリモルフィック型のゼロデイ脅威が裏ウザに到達する前に Mac を保護します。」をOFF にした。
  3. 「リアルタイムの URL レピューテーションチェックを使用して、悪意のある Web サイトへのアクセスをブロックします。これにより、悪意のあるコンテンツやセキュリティ上の問題を含むと判断されたサイトから Mac を保護します。」

2 番目のみでよいと存じます。3 番目はサイトへのアクセス自体を制限するものですので、ダウンロード以前にページにすらアクセスできないはずです。

なんだか上手くいかないなあ、というときの試行錯誤の選択肢の一つとして、3 番目の設定変更を覚えておく、というのがよいと存じます。

結論として、上手く行くときも、行かない時もありました><。そのようなわけで、最後の手段として次を試してみました。

その2.それでもダウンロードできない時の Sophos への対処><。

スクリーンショット 2014-08-23 18.52.13.png

  • アクティビティモニタを起ち上げ、SophosWebIntelligence プロセスを強制終了する
  • 強制終了は、アクティビティモニタウインドウ左上の「X」ボタンから行う。

この対処方法は、よくない、と正直思います。背後で何が起こっているかまったくわかりませんもの><。

この対処で実際にダウンロードが可能となりましたけれども、元に戻すために Mac を再起動いたしました。

おわりに

不思議なのが、このトラブルに会う前に同じダウンロード元から CentOS7 をダウンロードしておりました。

このときは、途中で止まることもありませんでした。

そのため、CentOS6 のダウンロードが途中で失敗することが最初は信じられず、別のミラーからダウンロードしようとしてみたり試しておりましたの。

Sophos の設定を見直すきっかけになったのは、ダウンロード中断後、SophosWebIntelligence の CPU 使用率がずっと高騰していたため、ピンときた、というわけでした。

ウイルス対策は必要なことですので、常に今回のような設定のままにしておくことはよくないと存じます。

さらに、実は今回の設定がダウンロードできないことの正しい対処なのかどうかわかっておりませんの。今回の設定をしても、ダウンロードができないことが起きることがあるかもしれません。

手探り途中の状態ですけれども、記録に残しておきたいですので投稿いたしました。

以上です


スポンサードリンク

コメントを残す