Windows 8.1 で CPU スレッド数(論理プロセッサ数)を表示する方法【タスクマネージャー】

スポンサードリンク

  1. デスクトップ下のタスクバーを右クリックし「タスクマネージャー」
  2. タスクマネージャーのパフォーマンスタブのCPUを選択
    1.PNG
  3. CPUグラフ上で右クリック、グラフを変更(G) > 論理プロセッサ(L)
    2.png
  4. スレッドごとにグラフが表示されるようになった
    3.PNG

おわりに

Windwos 7 のタスクマネージャーでは、CPU のコアごとにグラフが表示されておりました。

ところが、Windows 8.1 では CPU 使用率のグラフがひとつしか表示されません。

あらら><。

なんとかコアごとに表示できないものかしら?というところから本投稿は始まりました。

最近の CPU はコア数が増えたばかりか、各物理コアに更に論理プロセッサ(論理 CPU )が乗っているのですね!知りませんでしたわ♪たくさんの CPU、、、ぐふふ♪

ちなみに、わたくしたちは 13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル、Late 2012(MD213J/A?ちょっとわかりませんの)ですわ。

プロセッサ  2.9 GHz Intel Core i7 で、ハードウェアの概要を拝見しますと、

  • プロセッサの個数 : 1
  • コアの総数 : 2

とあります。あら????ということはプロセッサの総数は 1 x 2 = 2 かしら?

Boot Camp した Windows 8.1 の論理プロセッサ数を数えますと 4 つでしたわよ?これは一体!?

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す