【生パスタ】【レシピ】カルボナーラとペペロンチーノ風 8 人分【2014年5月】

スポンサードリンク

IMG_1242.jpg

以前作りました生パスタ麺を使いまして、簡単♪ウマイ!カルボナーラとペペロンチーノベースのパスタを作りましたの。今回はそのレシピをノートいたします。

材料・調理器具

カッコ()、のものは苦手な方がいらっしゃいましたので、使用しませんでした。その代わり、食卓でそれぞれの好みで黒胡椒をかけていただきました。

8 人分程の分量になります。調理時間は、40 分位かかったかしら?

  • 生パスタ 6 袋(180 g × 6 = 1080 g)
  • カルボナーラ
    • ベーコン
    • 卵 4 個
    • 粉チーズ大さじ 4
    • 生クリーム大さじ 4
    • (黒胡椒)
  • ペペロンチーノ風にじゃこと水菜
    • ニンニク 4 片
    • オリーブオイル
    • しらすなどのじゃこ
    • 水菜 2 束
    • (鷹の爪)
  • 茹でるための水たくさん
  • 塩たくさん
  • フライパン 2 つ
  • 大きな鍋 2 つ
  • 大きなざる

早速作って参りましょう♪なお作るものは、以前も料理しましたこちらと同じですわ♪

1.下ごしらえ

鍋 2 つに水を貼り、ちょっとしょっぱいくらいになるまで塩を入れ、火にかける。沸騰したら鍋は避けておいて、ゆでたいときに火にかければすぐ沸騰するようにしておく。

カルボナーラのソースを、卵、粉チーズ、生クリームをボウルに入れてかき混ぜて作る。ベーコンを千切りにしてフライパンに入れておく。

ペペロンチーノの下ごしらえ。別のフライパンにオリーブオイルを多めに垂らして、そこにニンニク刻んで入れる。オリーブオイルは大さじ3程。水菜を千切り、しらすを冷凍庫から出しておく。

カルボナーラを作る

カルボナーラのベーコンフライパンを火にかける。火が通り始めたら、弱火にしてじっくり焼く。

お湯が沸いたら生パスタを入れて茹でる。アルデンテになるまで試食しながら茹でる。

茹で上がったらザルにあげる。生パスタをベーコンのフライパンに入れ、中火くらいに強めてあえる。ちなみにあえる時によくなじむようにと、ザルにあげた時に水切りはしなかった。

カルボナーラのソースのボウルにベーコンとあえた熱々の生パスタを入れて、よく混ぜる。

カルボナーラ完成!

ペペロンチーノを作る

オリーブオイルとニンニクのフライパンを火にかけて、通り始めたらすぐに弱火にする。

避けておいたお湯の鍋を火にかけ、塩分濃度を味見する。塩味がちゃんと分かるくらいの濃さにする。しらすの塩分以外に、茹で汁でパスタに味をつける事を意識する。お湯 4 〜 5L に対し、大さじ 3 くらいの感覚で塩を入れた。

ニンニクの香りが立ったらしらすを入れてさらに炒める。

その間にお湯が沸くので、生パスタを茹でる。アルデンテに茹で上がったら、水菜を鍋に入れる。根っこに近い繊維が多い日に通りにくい方から入れると良い。水菜には数秒で火が通る。

生パスタをざるに上げ、こちらも水切りをせずにフライパンに入れる。中火くらいにし、よくあえる。味見をして塩などで調節して完成!

おわりに

コンロは 3 つ使いましたけれども、調理始めてからはいつも2つ以上は火が点きっぱなしでしたわ!

ベーコンとあえてフライパンを持ち上げてボウルに入れるとき、代わりにペペロンチーノのフライパンをセットして、、、ということを同時に行ったりしますの。

料理に慣れてきたり、やるしか無いときは、料理をしながらどの調理器具、火が今、次は、どうなるか、どうなっているかを把握、予測しながら行う必要がございます。

この作業も楽しいですわ♪

それはともかく、今回もちゃんと美味しいパスタを作ることができました。ごちそうさまでした♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す