【充電】Macbook があれば、iPhone 用モバイルバッテリーなんていらんかったんや!【電池の減増】

スポンサードリンク

Macbook Pro から iPhone5s に充電する時の充電量のだいたい感覚まとめ

  • Mac を使わずに iPhone を充電すれば、Macbook の電池 20% 分くらいで iPhone を 50% 分くらい充電できる。
  • 使いながらの場合では Macbook の電池 20% 分くらいで iPhone を 30% 分くらい充電できた。

iPhone の電池残量 29% から 85% まで充電すると、13 インチ Macbook Pro Retina は 100% から 77% に。しかもその間充電中にテザリングして iPhone の回線を使って Mac で ネットを使って 30 分くらい作業しておりました。

再び iPhone を 29% から 60% まで充電いたしました。Macbook は 79%(最後に見たときは77%だったのになぜか増えた)から 59% まで電池残量が減りました。

Mac は iPhone の回線を使って、動画などデータの大きい物は避けたましたけれども、インターネットを使用してウェブページ見たり Evernote にクリップしたり編集したりと充電中もずっと使っておりました。

そのまま使い続けて、Mac が52%まで減り、iPhoneが76%まで増えました。

Macbook のバッテリーの減りと、iPhone に充電される電池の量は、比例しませんのね。作業しながらでしたから電池の減り方増え方に複数の要因がからみましたし、そもそも電池の増え方減り方スピードも一定ではございませんでしょうしね♪

Macbook がない場合はどうやって充電しましょうかしら?

モバイルバッテリーを使用するしかありませんわね♪

調べまして、今のところこちらが良さそうですの。

  • ANKER Astro M1 5200mAh モバイルバッテリー iPhone5S 5C 5 4S / iPad Mini Retina / iPod / Galaxy / Xepria / Android / 各種スマホ / Wi-Fiルータ等対応 大容量かつコンパクト 92 x 45 x 22mm (日本語説明書付き) Astro M1

とはいえ、旅の機会は多くはございませんので使う機会が殆ど無いことを思うと、購入するのに踏ん切りがつきませんの><。

おわりに

旅をしておりました。毎回感じるのですけれども、普段の生活では使わないスマホ用の専用充電池、こういう時にはあると心強いです。

それに、旅をしておりますとiPhoneの電波の基地局がコロコロ変わるからかしら?電池が普段の生活よりも早く減ります。

。。。いえ、旅しますと普段の生活よりも調べ物で余計にスマホを弄るから iPhone の電池の減りが速いのですわね><。

今もやはり電池不足に陥りました。朝 6 時には 90% ほどでありました iPhone バッテリーが、なんと 10 時頃には 29% に><!

どうしたらよいかしら!このままでは電池が切れ、世界から取り残されてしまいますの!!!

あら?今回の旅では 13 インチ Macbook Pro Retina を持ってきておりましたわね。。。これと iPhone を繋いで、、、、まあ!充電できますわ!

ヤッタ♪

その後、テザリングしながら回線使用量は気にせずこの記事や調べ物をしつつ、それも途中で中断し、また iPhone を使いまた 29% に電池が減り><、また充電しながら作業しましたの♪

通信量が気になりますけれども、毎月 5GB 程余りますし、たまに 1 日で 1GB 使うくらいは許容しますわ♪

だってわたくし、「今」!通信が必要ですもの♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す