【エラー解決】Mac の Eclipse ワークスペースを VirtualBox に設定できない!【Workspace at ‘xxxxx’ in use or cannot be created, choose a different one.】

スポンサードリンク

ポイント

  • Samba で CentOS 5.9 との接続を確立してから Eclipse でワークスペースを指定すればエラーは発生しない

前提

  • VirtualBox の CentOS 5.9 の IP アドレスは 192.168.56.112
  • VirtualBox の CentOS 5.9 の Samba のマウント名は 112root(Mac から CentOS 5.9 に Samba から接続すると /Volumes/112root/ とマウントされる)

いったい何が起きたのでしょうか?

の手順を行おうと、ワークスペースを指定しましたらエラーとなり叶いませんでした。その時の画面がこちらです。

スクリーンショット 2013-05-05 18.38.58.png

そしてその時のメッセージがこちらです。

Workspace at ‘/Volumes/112root/var/www/html’ in use or cannot be created, choose a different one.

これでうまくいく!Mac の Eclipse ワークスペースを VirtualBox の CentOS 5.9 に設定する方法♪

試行錯誤した結果、次のように手順を踏んでうまくいきました♪

  1. VirtualBox を起動
  2. Eclipse のワークスペースとしたい仮想マシン(今回は CentOS 5.9)を起動
  3. 仮想マシンの Samba を起動(今回の CentOS 5.9 は自動起動するよう設定済みのため、この手順は不要)
  4. Mac の Finder から Samba 経由で仮想マシンへ接続
  5. Eclipse を起動し、ワークスペースとして仮想マシンを指定

エラーとなって Eclipse のワークスペースが指定できなかった手順

上の手順のうち、Finder から Samba で仮想マシンへ接続しなかったのです。

  1. VirtualBox を起動
  2. Eclipse のワークスペースとしたい仮想マシン(今回は CentOS 5.9)を起動
  3. 仮想マシンの Samba を起動(今回の CentOS 5.9 は自動起動するよう設定済みのため、この手順は不要)
  4. Mac の Finder から Samba 経由で仮想マシンへ接続
  5. Eclipse を起動し、ワークスペースとして仮想マシンを指定

原因はきっとこれですよ!

Samba と未接続のうちに Eclipse でワークスペースを指定しますとエラーとなるのですが、そのときディレクトリ「/Volumes/」にディレクトリ「112root/」が作成されてしまうのです。

user-no-MacBook-Pro:~ username$ ls -la /Volumes/
total 24
drwxrwxrwt@  8 root           admin   272  5  5 20:34 .
drwxr-xr-x  32 root           wheel  1156  3 24 20:22 ..
drwxr-xr-x+  2 username  admin    68  5  5 20:34 112root
drwxrwxrwx   1 username  staff  8192  5  5 20:07 BOOTCAMP
lrwxr-xr-x   1 root           admin     1  5  5 20:14 Macintosh HD -> /
drwxrwxrwx   0 root           wheel     0  5  5 20:31 MobileBackups
drwxrwxr-x  15 username  staff   578  3 27 07:58 iodata
drwxrwxr-x  24 username  staff   884  3 26 21:56 toshiba

ちなみに、正常に接続できる時はこのようになります。

user-no-MacBook-Pro:~ username$ ls -la /Volumes/
total 56
drwxrwxrwt@  8 root           admin    272  5  5 20:17 .
drwxr-xr-x  32 root           wheel   1156  3 24 20:22 ..
drwxr-xr-x  22 username  staff  16384  5  5 20:15 112root
drwxrwxrwx   1 username  staff   8192  5  5 20:07 BOOTCAMP
lrwxr-xr-x   1 root           admin      1  5  5 20:14 Macintosh HD -> /
drwxrwxrwx   0 root           wheel      0  5  5 20:17 MobileBackups
drwxrwxr-x  15 username  staff    578  3 27 07:58 iodata
drwxrwxr-x  24 username  staff    884  3 26 21:56 toshiba

正常時はパーミッションの右に「+」がなく、グループが「admin」ではなく「staff」ですね!

この状態で正しい手順を踏んでワークスペースを指定したとしても、エラーとなります。ディレクトリ「/Volumes/」にディレクトリがあるので上書きしないで、間違った既存のディレクトリをそのまま使おうとするためでしょう。

もしエラーとなってしまったらどうすればよいでしょうか?こうしましょう!

  • Mac を再起動する → 「/Volumes/112root/」ディレクトリが消える

これで OK でした♪

Mac を再起動しなくとも、「/Volumes/112root/」ディレクトリをうまいこと消すことができればよいのですが、他に不具合がおきやしないか、不安です。

やってみました。

次のコマンドで、バッサリ削除してみましたところ、再起動した時と同様、無事にワークスペースを指定することができました。

rm -rf /Volumes/112root/

ですので、大雑把に再起動してみて、「/Volumes/112root/」ディレクトリが消えていることを確認できましたのでこれでよしとしました。

おわりに

Windows ですと、VirtualBox の仮想マシンを立ち上げ(Samba 自動起動)れば、いちいち Windows から Samba へ接続しなくとも問題なかったと思ったのですが、、、

難しいですねえ><。

以上です。


スポンサードリンク

“【エラー解決】Mac の Eclipse ワークスペースを VirtualBox に設定できない!【Workspace at ‘xxxxx’ in use or cannot be created, choose a different one.】” への1件の返信

コメントを残す