iTunes を使って MP3 のサイズを小さくする方法です♪

スポンサードリンク

普段使っている iTunes だけを使用して、MP3 のサイズを小さく、つまり圧縮とか、変換とかする方法です。音楽ではなく、喋っているだけのファイルのサイズがとんでもなく大きかったので、実践しました。

今回、音質は重要ではないので、単純にビットレートを下げてサイズの縮小をしています。

方法

  1. iTunes のメニューの編集 > 設定 > 一般 > インポート設定
  2. インポート設定画面で、設定をカスタムに
  3. MP3円コーダ画面で、ステレオビットレートを64kbpsなどに変更し、OK。
  4. ライブラリのミュージックに、サイズを小さくしたい mp3 をドラッグアンドドロップして登録
  5. 登録したファイルを右クリック > MP3 バージョンを作成
  6. 作成された MP3 ファイルを右クリック > Windows エクスプローラで表示、で作成されたファイルを表示

加えて、変換前に iTunes に登録したファイル、作成されたファイルが不要な場合は、iTunes のライブラリ > ミュージックから削除し、そのときファイルをゴミ箱に移動するようにすれば作業前の状態に戻すことができました。

おわりに

ビットレート 320 kbps で、113.1 MB のファイルを、ビットレート 64 kbps で22.7 MB にまで小さくすることができました。ビットレートを 1/5 にすることで、ファイルサイズも大体 1/5 になりました♪


スポンサードリンク

“iTunes を使って MP3 のサイズを小さくする方法です♪” への2件の返信

    1. コメントありがとうございます。
      確かめてみましたところ、確かに『「登録したファイルを右クリック > MP3 バージョンを作成」がでません』場合がございますわね。
      1.
      接続している iPhone のファイルの場合、でませんでしたの。
      この時の対処は、PC に登録したファイルで右クリックすることとなりますわ。
      2.
      PC のファイルを選択したとしても、m4v の動画ファイルもでませんでしたの。
      この場合の対処は、おそらく動画と音声を分離すればできるように存じますが、未検証です。
      他のシチュエーションについては、
      申し訳ありませんが情報不足でわたくしたちにはわかりませんでしたの。

コメントを残す