Pleiades All in One 3.7 と 4.2 の Xdebug 設定の違いを明らかにします!

スポンサードリンク


Pleiades All in One 4.2 の Xdebug 設定

C:\pleiades\xampp\php\php.ini

zend_extension = "C:\pleiades\xampp\php\ext\php_xdebug.dll"
xdebug.collect_params = 1
xdebug.dump.GET = *
xdebug.dump.POST = *
xdebug.profiler_append = 0
xdebug.profiler_enable = 1
xdebug.profiler_enable_trigger = 0
xdebug.profiler_output_dir = "C:\pleiades\xampp\tmp"
xdebug.profiler_output_name = "xdebug_profile.%R::%u"
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.trace_output_dir = "C:\pleiades\xampp\tmp"

経緯

◆簡易★最新版◆Apach 、MySAQL 、PHP を Windows 環境でも開発できるように簡☆単さを重視して Eclipse の Pleiades All in One PHP をインストールします。 | oki2a24 では Pleiades All in One 4.2.1.v20121007 (Eclipse 4.2.1 SR1 Juno for Windows ベース)の、32bit Full Edition PHP を選択しました。

ここでは Xdebug 設定をしなくとも、ステップごとの実行ができました。

一方、Apach 、MySAQL 、PHP を Windows 環境でも開発できるように簡☆単さを重視して Eclipse の Pleiades All in One PHP をインストールします。 | oki2a24 では Pleiades All in One 3.7.2.v20120225 (Eclipse 3.7.2 Indigo SR2 Windows 32bit ベース)の、Full All in One (JRE あり) PHP を選択しました。

こちらは、ステップごとの実行をするために Xdebug の設定が必要でした。

以前もステップごとの実行をするための Xdebug の設定を行ないましたけれども、手探りで正しいか不安でした。Pleades All in One 4.2では予め設定してあることに気が付きましたので、ディストリビューション内ではどのように設定を行なっているのかとても気になりましたので、今回投稿しました。

今後バージョンの低いPleades All in One を使用する時は、この設定を使用したいと思います。

コメントを残す