Excel とサクラエディタで日付の一覧テキストをダーっと一気に作る方法

スポンサードリンク

日付の一覧をダーっと一気に作る方法をメモしておきます。

いる物

覚えておくとよい操作まとめ

Excel

  • Ctrl + ; で今日の日付を入力
  • セルの右下にカーソルを合わせて「+」になったらドラッグして下に引っ張り、連続データを作成

サクラエディタ

やり方

Ctrl + ; で今日の日付を入力します。

Microsoft Excel - Book1 20120409 213055.jpg

セルの右下にカーソルを合わせて「+」になったらドラッグして下に引っ張ります。すると日付の連続データを入力することできます。

日付の右のセルに曜日を入力します。

Microsoft Excel - Book1 20120409 214236.jpg  

やはりセルの右下にカーソルを合わせて「+」になったらドラッグして下に引っ張ります。すると曜日の連続データを入力することできます。

(無題)(更新) - sakura 1.6.5.0  20120409 214440.jpg

日付と曜日のセルを選択してサクラエディタにコピペします。

(無題)(更新) - sakura 1.6.5.0  20120409 214932.jpg

要らない部分「2012/」を削除します。一番左上の「2012/」の左にカーソルを合わせて、
Alt を押しながら 「2012/」をすべて選択します。矩形(くけい)範囲選択というらしいです。

(無題)(更新) - sakura 1.6.5.0  20120409 220443.jpg

選択しましたら削除します。Delete でも、Back Space でもお好きなキーで。

4/9 だけ日付の桁数がそろっていないのと、曜日との間がひらいているので「9」の前に0を追加しておきます。

EditorClient 20120409 220757.jpg

日付と曜日の間にあるタブを矩形範囲選択します。「(」を入力します。日付の後に「(」を入力することができましたが、タブと曜日が選択されてしまいました。適当な場所をクリックして選択を解除、いったんリセットします。再び矩形範囲選択でタブを選択し、削除します。

(無題)(更新) - sakura 1.6.5.0  20120409 221843.jpg

最初の行の改行部分にカーソルを移動し、曜日を選択しないでそのまま下にドラッグして矩形範囲選択します。そして「)」を入力します。

おわりに

以上です。メールでこちらの都合のよい・わるい日時を先方に知らせるときなどにすごく便利です。


スポンサードリンク

コメントを残す