メルマガスタンドPHPlistをgdgdよちよちインストールしました><!その3

スポンサードリンク

PHPlistでメルマガを作ろうとしたら、本文を入れるメッセージの欄自体が存在しないです。。。を解決します。メルマガスタンドPHPlistをgdgdよちよちインストールしていますの><!その2 | oki2a24の続きとなります。最終回です。空メールでメルマガに登録アドオンは、、、まあ、そのうちに、ね><。

原因を考えます。

PHPlistで各メールはデフォルトでHTMLメールとなっています。HTMLメールを作るためのヘルパーとしてFCKeditorが入っているようなのですけれど、FCKeditorが効いていないことが原因でしょう。。。きっと。

ちなみに、FCKeditorというのは、HTMLタグを直接記述しないでHTMLベースのリッチなドキュメントの作成が可能となるテキストエディタです。便利です。でも2009年にFCKeditorからCKEditorに名前が変わりました。政治的なものかしら妄想しています。一応、本家サイトのデモページを記しておきます。好きにいじれて体験できますよ。

調査!同じことで悩んでいた人がきっといたはず。

PHPlist FCKeditor、辺りをキーワードにして検索しましたら、本家PHPlistのフォーラムにありました!

うんうん、この方もメール本文部分が空白になって記入ができない、同じ現象です。早速解決策を探っていきます。 ・・・ありました。設定ファイルの498行目を define(“USEFCK”,0); にすればよいようですね。

設定ファイルを修正します。

設定ファイルである config.php の該当部分を見ると、「PHPlistはFCKeditorを使っているけどもし上手く動かなかったら無効にしてねっ!」という感じのことが書いてあります。

[root@vps ~]# vim /var/www/html/phplist/public_html/lists/config/config.php

参考にしたフォーラムとは違って、501行目を修正しました。

define("USEFCK",1);

define("USEFCK",0);

結果

メッセージ入力欄が表示されました!やった!!!!!早速ユーザ(購読者)を追加して、そこに送ってみました。送れました!うごきました!

ただし、「このメッセージは … から送信されたものではない可能性があります」という警告が受信した方で表示されてしまっています。これは、メルマガ送信元をGmailに装っているからだと思います。PHPlistをインストールしたサーバとドメインを紐付けて、そのドメインからメルマガを送るようにすればよいでしょう。そのときの試行錯誤が、実はドメイン設定も含めSendmailでメール送受信ができるようになるまで試行錯誤まとめ | oki2a24 だったりするのですけどもね。本気導入の際は、そこのところもきちんと設定しなければなりませんね。PHPlistを試すだけならSendmailなどのメールサーバをLinuxに入れる必要なかったです!


スポンサードリンク

“メルマガスタンドPHPlistをgdgdよちよちインストールしました><!その3” への2件の返信

    1. コメントありがとうございます。
      お役に立てて大変嬉しく思います♪
      わたくしにとっても続ける励みになります。
      ありがとう存じあげます。

コメントを残す